• 重要美術品
  • 鎌倉時代 中期

かたな むめい でんみつただ

刀 無銘 伝光忠

刀 無銘 伝光忠

「刀 無銘 伝光忠」は「備前長船」(びぜんおさふね)の開祖とされる「光忠」(みつただ)の作品です。大磨上げ(おおすりあげ:太刀や大太刀のを切り詰めて刀身の寸法を短くすること)で、差表に「光忠」、差裏に「五月雨」(さみだれ)と金粉(後代の刀剣鑑定家が極め、金粉で記した銘)が入っています。

この「五月雨」は、室町幕府13代将軍「足利義輝」(あしかがよしてる)の辞世の句に由来すると言われている号です。「五月雨は 露か涙か 不如帰 我が名をあげよ 雲の上まで」(しとしと降りしきるこの五月雨は、ただの露なのか、それとも私の悔し涙なのであろうか。ほととぎすよ、あの厚い雨雲を突き抜けて、青天にまで私の名を広めるのだ)。

また別の説では、本刀を愛蔵していた「杉山茂丸」(すぎやましげまる:明治から昭和にかけての実業家)が、入手の際に一括で代金を払うことができずに分割したため、その断続的な支払方法が五月雨のようと例えられたためと伝えられています。

本刀の作者である光忠は、切れ味の鋭い豪壮で華やかな作品で知られ、とりわけ光忠を好んだ織田信長は生存中に25振を集めたと、江戸時代中期の逸話集「常山紀談」(じょうざんきだん)に記されました。

名家・著名人の日本刀 名家・著名人の日本刀
名家・著名人と「刀 無銘 伝光忠」の関係についてご紹介します。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
重要美術品
時代 時代
鎌倉時代 中期
(古刀)
刀剣種別 刀剣種別
打刀
刀工 刀工
光忠
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
備前伝
(備前国/岡山県)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
62.4
反り 反り
(cm)
1.5

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは刀剣写真・日本刀画像の詳細情報ページです。
「刀 無銘 伝光忠」は鎌倉時代に制作された刀剣・日本刀です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い刀剣・日本刀。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
刀剣・日本刀の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に刀剣・日本刀・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード