一覧に戻る
  • 重要美術品
  • 江戸時代

かたな めい おいてぶしゅうえどえちぜんやすつぐ なんばんてつをもってまっせほうふたつどうほんだごろうえもんしょじ

刀 銘 (葵紋)於武州江戸越前康継 以南蛮鉄末世宝二胴 本多五郎右衛門所持

刀  銘 (葵紋)於武州江戸越前康継 以南蛮鉄末世宝二胴 本多五郎右衛門所持

康継は、1553年(天文22年)に近江国(現在の滋賀県)の赤坂千手院・広長の子として生まれました。1600年(慶長5年)の関ヶ原の戦いの同年、結城秀康(徳川家康の次男)の抱鍛冶となり、1606年(慶長11年)、家康より「康」の字を賜り康継と改名、同時に葵紋を切ることを許されます。熱田神宮に康継が奉納した脇指(重要文化財)の茎に、この事実が彫られています。
大坂の役には二度とも従軍し、家康の指示により大坂城落城にて焼身となった数々の名物や天下の名刀類を見事に再刃(再生)させました。それらは現存しており、焼けていなければ国宝に指定されていたと言われています。本刀には「二つ胴」(罪人の死体を2つ重ねて切断した)と切れ味を試したことが中心に刻まれているのも特徴です。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
重要美術品
時代 時代
江戸時代
刀剣種別 刀剣種別
打刀
刀工 刀工
越前康継
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
-
(武蔵国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
72.6
反り 反り
(cm)
1.8
  • 名家・著名人の日本刀
    名家・著名人と「刀 銘 (葵紋)於武州江戸越前康継 以南蛮鉄末世宝二胴 本多五郎右衛門所持」の関係についてご紹介します。

刀 銘 (葵紋)於武州江戸越前康継 以南蛮鉄末世宝二胴 本多五郎右衛門所持の動画

刀  銘 (葵紋)於武州江戸越前康継 以南蛮鉄末世宝二胴 本多五郎右衛門所持

日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは日本刀(刀剣)写真の詳細情報ページです。
「刀 銘 (葵紋)於武州江戸越前康継 以南蛮鉄末世宝二胴 本多五郎右衛門所持」は江戸時代に制作された日本刀(刀剣)です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い日本刀(刀剣)。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
日本刀(刀剣)の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る