一覧に戻る
  • 特別重要刀剣
  • 南北朝時代 初期

かたな むめい でんちょうぎ

刀 無銘 伝長義

刀  無銘  伝長義

備前長船派の長義は、正宗十哲のひとりで、その中でも一番の年少者と伝えられています。
備前鍛冶は各時代の流行をいち早く察知し、それらを取り入れた作品を造っていますが、その刃文は、匂本位の丁子乱れを焼き、鍛えは杢目肌という備前伝の基本を守ったものです。しかし、長義系に限っては、相州伝の原則である荒沸本位の板目鍛えを採用しています。このことから長義一門は、長船鍛冶の中でもっとも異色であると評されているのです。
本刀は、身幅が広く、元先の幅の差があまり目立たず、反りが浅く付く豪壮な相州伝の姿になっているだけでなく、互の目や大互の目、丁子風など多種多様な刃が交じっています。さらには、足・葉が入り、小沸がよく付き、金筋や砂流しがかかり、湯走りや小さな飛焼風を交え、帽子は沸がややまだらに付いて乱れこみ、その先がとがりごころに長く返るなど、華やかで大きく乱れるという長義の特色をよく示す1振りです。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
特別重要刀剣
時代 時代
南北朝時代 初期
刀剣種別 刀剣種別
打刀
刀工 刀工
備前国長船長義
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
備前伝
(備前国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
尾張徳川家家老
竹腰家→
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
69.8
反り 反り
(cm)
1.2
  • 名家・著名人の日本刀
    名家・著名人と「刀 無銘 伝長義」の関係についてご紹介します。

刀 無銘 伝長義の動画

刀  無銘  伝長義

日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは日本刀(刀剣)写真の詳細情報ページです。
「刀 無銘 伝長義」は南北朝時代に制作された日本刀(刀剣)です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い日本刀(刀剣)。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
日本刀(刀剣)の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る