• 重要文化財
  • 南北朝時代 中期

たち めい びしゅうおさふねじゅうなりいえ

太刀 銘 備州長船住成家

太刀  銘  備州長船住成家

成家」は、南北朝時代備前国長船(現在の岡山県瀬戸内市)で活動した刀工です。「伊達政宗」の愛刀「くろんぼ切」を鍛えた「初代 景秀」(かげひで)の孫と伝えられています。

「成家」を名乗る刀工は室町時代にわたり複数存在しますが、本太刀を手掛けた成家はその初代にあたる刀工です。

南北朝時代、「長船兼光」(おさふねかねみつ)系統以外の刀工を備前国では「小反り派」と呼び、成家は小反り派を代表する刀工のひとりでした。

本太刀は南北朝時代の長船物の中では少ない、逆がかった丁子乱れ(ちょうじみだれ)を焼いています。小板目肌詰み乱映りよく立つ鍛えに、刃文は丁子に互の目(ぐのめ)交じり、(よう)が頻り(しきり)に入り、総体に逆がかり匂口(においぐち)は締まりごころ。中反り(なかぞり)で身幅の広い、堂々たる刀姿が目を惹きます。

成家の作品では、最も出来栄えが優れているとされ、地刃共に健全です。

名家・著名人の日本刀 名家・著名人の日本刀
名家・著名人と「太刀 銘 備州長船住成家」の関係についてご紹介します。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
重要文化財
時代 時代
南北朝時代 中期
(古刀)
刀剣種別 刀剣種別
太刀
刀工 刀工
成家
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
備前伝
(備前国/岡山県)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
78.8
反り 反り
(cm)
2.6

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは刀剣写真・日本刀画像の詳細情報ページです。
「太刀 銘 備州長船住成家」は南北朝時代に制作された刀剣・日本刀です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い刀剣・日本刀。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
刀剣・日本刀の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に刀剣・日本刀・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード