• 未鑑定
  • 古墳時代

じょうことう

上古刀(平造り)

上古刀(平造り)

本刀は、埼玉県行田市に存在する「埼玉古墳群」(さきたまこふんぐん)で出土したとされる直刀です。古墳時代に作刀されたと考えられており、後世の日本刀とは類さないほど身幅が広く作刀されているのが特徴。

腐蝕による刃の欠損があるため刃文は確認しにくくなっていますが、鍛えが良く、地景がしきりに入っている様子は、大和物や九州物の古刀の作風に共通していることが分かります。「平造り」(ひらづくり)と言う、刀の断面が三角形になるように造込みがされている上古刀です。

刃長101cmもある長大な作品で、作刀工程でも重要な焼き入れ技術が発達した時期に作刀されたと考えられます。古墳時代は本刀のように平造りの作品が多数を占めていますが、古墳時代末期から奈良時代にかけて造込みの技術が発達し、後世で主流となる「鎬造り」(しのぎづくり)のはしりである「両切刃造り」(もろきりはづくり)の刀が作刀されるようになりました。

埼玉古墳群は、5世紀末から7世紀にかけて成立したと考えられている大型古墳群です。現在は前方後円墳が8基、円墳が1基の合計9基で形成されていますが、大正時代以前は大型古墳の周囲に陪臣(ばいしん:家臣のこと)の小型古墳も多数存在していました。「日本書紀」によると、古代には埼玉の「笠原氏」が大和朝廷と結んだことがきっかけで隆盛した土地であるとされており、古墳時代の政治的動向や、首長墓に関しての重要な遺跡として国の「特別史跡」に指定されています。

名家・著名人の日本刀 名家・著名人の日本刀
名家・著名人と「上古刀(平造り)」の関係についてご紹介します。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
未鑑定
時代 時代
古墳時代
(上古刀)
刀剣種別 刀剣種別
直刀
刀工 刀工
-
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
-
(-)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド
〔 東建コーポレーション 〕
寄託
長さ 長さ
(cm)
101.0
反り 反り
(cm)
-

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは刀剣写真・日本刀画像の詳細情報ページです。
「上古刀(平造り)」は制作時代不明の刀剣・日本刀です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い刀剣・日本刀。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
刀剣・日本刀の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に刀剣・日本刀・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード