• 特別重要刀剣
  • 平安時代

こけん むめい

古剣 無銘

古剣 無銘

平安時代頃に作刀されたと考えられる本剣は、身幅がやや広いものの先身幅が張っていない大振りな姿をしています。

板目肌柾目肌が交じった鍛え肌はよくつんで地沸が付き、直刃調の刃文ほつれ二重刃ごころがあるなどの特徴を持った「切刃造り」で、両側に刃を持った両刃の直刀です。切刃造りとは日本刀の形状を表す造込みの1種で、奈良時代に作刀された直刀に多く見られます。

刃の中心に特徴的な彫物があることから、実戦用ではなく、貴族の装身具、もしくは祭神具であると考えられますが、本剣に施された彫刻は大変珍しいことから、詳しいことは分かっていません。

平安時代以前の彫刻がある代表的な刀剣に、「四天王寺」(大阪府大阪市)所蔵で「聖徳太子」の佩刀として知られる「丙子椒林剣」(へいししょうりんけん)や「七星剣」などの直刀が存在。しかし、これらの刀剣や本剣の他に、(ひ:日本刀の刀身に彫られる細長い溝)以外の彫刻を持っているものはほとんどありません。

彫刻と造りの珍しさや優れた出来により、本剣は唯一の資料として歴史的価値が高く、1974年(昭和49年)10月3日に特別重要刀剣に指定されました。

名家・著名人の日本刀 名家・著名人の日本刀
名家・著名人と「古剣 無銘」の関係についてご紹介します。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
特別重要刀剣
時代 時代
平安時代
(古刀)
刀剣種別 刀剣種別
刀工 刀工
-
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
-
(-)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
-
反り 反り
(cm)
-

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは刀剣写真・日本刀画像の詳細情報ページです。
「古剣 無銘」は平安時代に制作された刀剣・日本刀です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い刀剣・日本刀。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
刀剣・日本刀の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に刀剣・日本刀・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード