一覧に戻る
  • 重要美術品
  • 江戸時代 初期

たんとう めい やましろこくにしじんじゅうにんうめただみょうじゅ けいちょうじゅうさんねんさんがつきちじつ しょじくまがやきよろく

短刀 銘 山城国西陣住人埋忠明寿
慶長拾三年三月吉日 所持熊谷清六

短刀 銘 山城国西陣住人埋忠明寿 慶長拾三年三月吉日 所持熊谷清六

埋忠明寿は通称を彦次郎と言い、初めは重吉、もしくは宗吉と称したと伝えられており、のちに入道して、鶴峯明寿と号したと言います。本刀は、寸法の割には身幅が一段と広く、ズングリとしてやや包丁風の形状を示し、かつ切刃造で明寿独特の短刀姿を見せています。互の目にゆるやかな流れに小沸がよくついた出来口には、明寿の特徴的な作域が現れているのです。
また、浅い彫口で表裏に施された玉追い上下龍の彫物は、明寿が最も得意とした物。角張って張り出している龍の下顎が上顎に比べて大きく、受け口となっているところなどは、埋忠彫の真髄を示して見事であり、装飾的色彩が強い新刀の彫物に、大きな影響力を及ぼしたと言える、明寿の会心作となっています。附属の金梨地葵紋蒔絵合口拵は、江戸中期頃の作と見られ、保存状態もとても良く、出来の優れた物です。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
重要美術品
時代 時代
江戸時代 初期
刀剣種別 刀剣種別
短刀
刀工 刀工
埋忠明寿
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
山城伝
(山城国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
25.5
反り 反り
(cm)
0.5
  • 名家・著名人の日本刀
    名家・著名人と「短刀 銘 山城国西陣住人埋忠明寿 慶長拾三年三月吉日 所持熊谷清六」の関係についてご紹介します。

日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは日本刀(刀剣)写真の詳細情報ページです。
「短刀 銘 山城国西陣住人埋忠明寿 慶長拾三年三月吉日 所持熊谷清六」は江戸時代に制作された日本刀(刀剣)です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い日本刀(刀剣)。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
日本刀(刀剣)の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る