一覧に戻る
  • 重要文化財
  • 鎌倉時代 末期

たんとう めい らいくにみつ(めいぶつしおかわらいくにみつ)

短刀 銘 来国光(名物塩河来国光)

短刀  銘  来国光(名物塩河来国光)

「享保名物帳」に、「代金百枚 信長公の御時、江州塩河殿所持。後本多美濃守所持」とあり、本短刀は、織田信長が尾州名古屋を統治していた時代、塩河伯耆守国満(しおかわほうきのかみくにみつ)が所持していたことから「塩河来国光」と名付けられています。
のちに本多美濃守忠政(ほんだみののかみただまさ)が入手し、播州姫路藩・本多家に伝来しました。
本多忠政は、本多忠勝(ほんだただかつ:徳川四天王のひとり)の長男です。家督を継いで桑名藩2代藩主となり、次いで播磨姫路藩初代藩主になりました。
来国光は、来国俊の嫡子と言うのが通説ですが諸説あり、来派の中で最も作刀していた期間が長いのが特徴。鎌倉時代末期から南北朝時代初期に、京都で活躍した名工です。

詳細情報

鑑定区分 鑑定区分 重要文化財 時代 時代 鎌倉時代 末期
刀剣種別 刀剣種別 短刀 刀工 刀工 来国光
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
山城伝 (山城国) 代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
本多美濃守
忠政所持→
本田家伝来→
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ(cm) 25.6 反り 反り(cm) -
鑑定区分 鑑定区分 重要文化財
時代 時代 鎌倉時代 末期
刀剣種別 刀剣種別 短刀
刀工 刀工 来国光
制作国 制作国 山城伝 (山城国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
本多美濃守
忠政所持→
本田家伝来→
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
25.6
反り 反り
(cm)
-
歴史人の日本刀と博物館
歴史人と「短刀 銘 来国光(名物塩河来国光)」の関係についてご紹介します。

短刀 銘 来国光(名物塩河来国光)の動画

短刀  銘  来国光(名物塩河来国光)

日本刀・甲冑に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは日本刀検索の詳細情報ページです。
「短刀 銘 来国光(名物塩河来国光)」は鎌倉時代に制作された日本刀です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い日本刀。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
日本刀の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に日本刀・甲冑の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼
ページトップへ戻る