一覧に戻る
  • 重要文化財(旧国宝)
  • 鎌倉時代

たんとう めい みつかね えんぎょうにねんにがつにち

短刀 銘 光包 延慶二年二月日

短刀  銘  光包  延慶二年二月日

光包は、「備前長船派」の刀工・長光の庶子と伝えられ、「来派」を代表する名工「来国俊」(らいくにとし)に師事しました。長光と国俊の両者に学んだとも言われています。比叡山延暦寺の「根本中堂」(こんぽんちゅうどう)に籠もって作刀したことから、通称「中堂来」と呼ばれています。本短刀は、地沸が付き、鍛えは板目で肌立っています。また、刃文は細直刃に小沸深く砂流し、ほつれごころがあり、帽子は尖って心にやや深く返っています。表には不動明王の種子と素剣、裏には同じく不動明王の種子と護摩箸の彫刻が刻されており、同作中の傑作であると評されるひと振りです。

詳細情報

鑑定区分 鑑定区分 重要文化財(旧国宝) 時代 時代 鎌倉時代
刀剣種別 刀剣種別 短刀 刀工 刀工 光包
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
山城伝 (山城国) 代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ(cm) 27.3 反り 反り(cm) -
鑑定区分 鑑定区分 重要文化財(旧国宝)
時代 時代 鎌倉時代
刀剣種別 刀剣種別 短刀
刀工 刀工 光包
制作国 制作国 山城伝 (山城国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
27.3
反り 反り
(cm)
-
歴史人の日本刀と博物館
歴史人と「短刀 銘 光包 延慶二年二月日」の関係についてご紹介します。

短刀 銘 光包 延慶二年二月日の動画

短刀  銘  光包  延慶二年二月日

日本刀・甲冑に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは日本刀検索の詳細情報ページです。
「短刀 銘 光包 延慶二年二月日」は鎌倉時代に制作された日本刀です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い日本刀。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
日本刀の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に日本刀・甲冑の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼
ページトップへ戻る