一覧に戻る
  • 重要文化財(旧国宝)
  • 南北朝時代

たんとう めい びしゅうおさふねじゅうちょうぎ しょうへいじゅうごねんごがつひ

短刀 銘 備州長船住長義 正平十五年五月日

短刀  銘  備州長船住長義  正平十五年五月日

「名物」と評される本短刀は、別名「大坂長義」とも呼ばれ、長義を代表する1振りです。「大坂長義」の名前の由来については諸説ありますが、「豊臣秀吉」(とよとみひでよし)の愛刀であった本短刀を、秀吉の家臣であり古くからの親しい間柄にもあった大名「前田利家」(まえだとしいえ)が、大坂城内にて拝領したからという説があります。それ以来、本短刀は加賀(かが:現在の石川県南部)前田家の家宝として、同家に長く伝来しました。
長義は、日本刀中興の祖と称され、鎌倉時代末期から南北朝時代初期にかけて活躍した名工「正宗」の10人の高弟、いわゆる「正宗十哲」(まさむねじってつ)のひとりに数えられています。しかし、長義の現存作の中では、本短刀が作られた正平15年(1360年)、すなわち南北朝時代中期の物が最も古いため、正宗との直接的な関係があったかどうかは、定かにはなっていません。
長義の作風は、覇気に満ちた豪壮な姿に、相州備前の名にふさわしい地刃の沸(にえ)の強さが最大の特徴。本短刀においても、鍛えは板目肌立ちごころに地沸(じにえ)が付き、刃文も大乱れで足・葉が入り、沸がよく付き、砂流し・金筋がかかるなど、長義らしい華やかさが溢れる1振りです。

詳細情報

鑑定区分 鑑定区分 重要文化財(旧国宝) 時代 時代 南北朝時代
刀剣種別 刀剣種別 短刀 刀工 刀工 長義
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
備前伝 (備前国) 代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
豊臣秀吉→前田利家→
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ(cm) 27.7 反り 反り(cm) 0.3
鑑定区分 鑑定区分 重要文化財(旧国宝)
時代 時代 南北朝時代
刀剣種別 刀剣種別 短刀
刀工 刀工 長義
制作国 制作国 備前伝 (備前国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
豊臣秀吉→前田利家→
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
27.7
反り 反り
(cm)
0.3
歴史人の日本刀と博物館
歴史人と「短刀 銘 備州長船住長義 正平十五年五月日」の関係についてご紹介します。

短刀 銘 備州長船住長義 正平十五年五月日の動画

短刀  銘  備州長船住長義  正平十五年五月日

日本刀・甲冑に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは日本刀検索の詳細情報ページです。
「短刀 銘 備州長船住長義 正平十五年五月日」は南北朝時代に制作された日本刀です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い日本刀。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
日本刀の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に日本刀・甲冑の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼
ページトップへ戻る