一覧に戻る
  • 重要美術品
  • 鎌倉時代 後期

たち くにむね

太刀 国宗

太刀  国宗

本刀は、上杉三十五腰(上杉謙信の所蔵品の中から上杉景勝が気に入った上杉家伝来の日本刀を選抜した名刀リスト)のうちの1振です。
国宗は備前長船の初代国真の三男であることから、「備前三郎国宗」(びぜんさぶろうくにむね)と呼ばれています。18歳のときに鎌倉幕府に召され、のちに新藤五国光の師となりました。58歳で備前に帰りますが、82歳のときに執権北条時頼の命により出府して鍛刀しています。
国宗の作風は鎌倉後期の太刀姿ですが、豪壮さが見られない代わりに反りの深い品格のある姿です。常に備前伝を守り、丁子乱れを焼き、丁子映りも現れていますが、後世の相州伝の基本となる焼入れ法で飛焼風のところも現れ、小沸も付きます。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
重要美術品
時代 時代
鎌倉時代 後期
刀剣種別 刀剣種別
太刀
刀工 刀工
-
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
備前伝
(備前国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
上杉家→
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
67.3
反り 反り
(cm)
2
  • 名家・著名人の日本刀
    名家・著名人と「太刀 国宗」の関係についてご紹介します。

太刀 国宗の動画

太刀  国宗

日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは日本刀(刀剣)写真の詳細情報ページです。
「太刀 国宗」は鎌倉時代に制作された日本刀(刀剣)です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い日本刀(刀剣)。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
日本刀(刀剣)の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る