一覧に戻る
  • 重要美術品
  • 南北朝時代

たち めい なおつなさく

太刀 銘 直綱作

太刀 銘 直綱作

本太刀は、大和国小泉藩(現在の奈良県大和郡山市小泉町)一万一千石、片桐家に伝来した名刀です。二代小泉藩主片桐貞昌(石州)は、賤ヶ岳七本槍のひとりとして有名な片桐且元(かたぎりかつもと)の甥。貞昌は桑山宗仙に茶道を学び、利休茶道の奥義を極め、のちに四代将軍徳川家綱の茶道師範になっています。貞昌は石州流茶道の開祖であり、画や古器の鑑定にも精通した数奇者大名です。
本太刀の作者、「石州直綱」(せきしゅうなおつな)は正宗十哲のひとりと誉れ高い名匠です。「石州直綱」得意の相州伝で鍛えられており、相州正宗を彷彿とさせる作風を示した傑作刀です。附属する拵は勝虫図揃金具の肥後拵です。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
重要美術品
時代 時代
南北朝時代
刀剣種別 刀剣種別
太刀
刀工 刀工
石州直綱
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
相州伝
(相模国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
大和国小泉藩
片桐家→
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
70.0
反り 反り
(cm)
0.7
  • 名家・著名人の日本刀
    名家・著名人と「太刀 銘 直綱作」の関係についてご紹介します。

太刀 銘 直綱作の動画

太刀 銘 直綱作

日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは日本刀(刀剣)写真の詳細情報ページです。
「太刀 銘 直綱作」は南北朝時代に制作された日本刀(刀剣)です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い日本刀(刀剣)。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
日本刀(刀剣)の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る