• 特別重要刀剣
  • 鎌倉時代 末期

かたな むめい らいくにみつ

刀 無銘 来国光

刀 無銘 来国光

本刀は、芸州広島(現在の広島県)42万石の初代藩主「浅野長晟」(あさのながあきら)が所持した「来国光」作の1振です。
長晟は、1600年(慶長5年)の「関ヶ原の戦い」以降「徳川家康」に仕え、「大坂冬の陣・夏の陣」にも参戦。1615年(慶長20年)には、大坂夏の陣における戦いのひとつ「樫井の戦い」で、敵将の「塙団右衛門直之」(ばんだんえもんなおゆき)を討ち取る武勲を挙げます。その後、広島の「福島正則」(ふくしままさのり)が改易(領地を没収し身分を奪う刑罰)されると、広島藩初代藩主となりました。
本刀の制作者である来国光は、「来国俊」(らいくにとし)の嫡子というのが通説ですが、他に来国俊の次男、来国俊の弟、来国俊の孫、「来国行」(らいくにゆき)の子とする説もあります。来国光は鎌倉時代末期から南北朝時代初期に京都で活躍した名工で、来派の中で最も作刀していた期間が長いのが特徴です。本刀は来派の伝統的な作風を示しており、国光の初期の作品であると鑑定されます。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
特別重要刀剣
時代 時代
鎌倉時代 末期
刀剣種別 刀剣種別
打刀
刀工 刀工
来国光
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
山城伝
(山城国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
浅野長晟
(あさのながあきら)→
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
71.1
反り 反り
(cm)
2.4
  • 名家・著名人の日本刀
    名家・著名人と「刀 無銘 来国光」の関係についてご紹介します。

刀 無銘 来国光の動画

刀 無銘 来国光

刀剣・日本刀・甲冑(鎧兜)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは刀剣・日本刀写真の詳細情報ページです。
「刀 無銘 来国光」は鎌倉時代に制作された刀剣・日本刀です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い刀剣・日本刀。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
刀剣・日本刀の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に刀剣・日本刀・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼

注目ワード

注目ワード