• 未鑑定
  • 令和時代

おおささほやり めい こさくにまなぶはせどうじゅうつねひらほりどうじん
(とんぼきりうつし)

大笹穂槍 銘 学古作長谷堂住恒平彫同人
(蜻蛉切写し)

大笹穂槍 銘 学古作長谷堂住恒平彫同人(蜻蛉切写し)

は、「天下三名槍」のひとつで、「徳川四天王」(徳川家康に仕えた4人の功臣)の1人「本多忠勝」が愛用したとされる大笹穂槍「蜻蛉切」(とんぼぎり)の写し(うつし:優れた刀剣類を模造して作ること)です。

号の由来は、飛んできたトンボが、穂先に止まった瞬間、スパッと切れてしまうほどの切れ味の良さだったことから名付けられたと言われています。また、蜻蛉は前にしか進まず、後ろに退かないことから勝ち虫と呼ばれ、戦国時代は縁起物とされました。

本槍は、本科(ほんか:写しの手本となった原品)の蜻蛉切と同じく、穂が大きな笹の形をした大笹穂槍(おおささほやり)で、優美な姿が特徴。また刀身には、煩悩を打ち払い魔除けになるとされた「三鈷剣」(さんこけん)と「梵字」(ぼんじ)が彫刻されています。

刀匠は、今までに数々の名作を世に送り出してきた「上林恒平」(かんばやしつねひら)氏です。上林氏は、蜻蛉切の写しを制作するにあたり、名槍として名高い蜻蛉切の様々な資料を読み、本多忠勝が蜻蛉切を手にして戦場に立っている姿や、馬に乗って戦っている姿などを想像しながら制作にあたったとのこと。そんな本科・蜻蛉切は「佐野美術館」(静岡県三島市)に所蔵されていますが、写しの本大笹穂槍は、「名古屋刀剣博物館」で観ることができます。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
未鑑定
時代 時代
令和時代
刀剣種別 刀剣種別
刀工 刀工
上林恒平
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
-
(山形県)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
43
反り 反り
(cm)
0

大笹穂槍 銘 学古作長谷堂住恒平彫同人
(蜻蛉切写し)の動画

大笹穂槍 銘 学古作長谷堂住恒平彫同人(蜻蛉切写し)

刀剣・日本刀・甲冑(鎧兜)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けする、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは刀剣・日本刀写真/画像の詳細情報ページです。
「大笹穂槍 銘 学古作長谷堂住恒平彫同人(蜻蛉切写し)」は明治時代以降(現代刀)に制作された刀剣・日本刀です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い刀剣・日本刀。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
刀剣・日本刀の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に刀剣・日本刀・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード