• 重要美術品
  • 鎌倉時代 中期

たち めい もとちかつくる

太刀 銘 基近造

太刀 銘 基近造

太刀は、室町幕府13代将軍「足利義輝」(あしかがよしてる)の愛刀です。足利義輝は、数多くの名刀を蒐集し、剣術家「塚原卜伝」(つかはらぼくでん)から秘伝を授かり「剣豪将軍」と呼ばれた人物。失墜した将軍家の権威復活を目指しましたが、それを良く思わない「松永久秀」(まつながひさひで)ら10,000人の軍勢に急襲され、非業の死を遂げたのです。

本刀を制作したのは、備前国(びぜんのくに:現在の岡山県)「福岡一文字派」(ふくおかいちもんじは)の名工「基近」(もとちか)。作風は、鋒/切先(きっさき)が猪首風、身幅(みはば)は広め、刃文は華やかな一文字丁子乱(いちもんじちょうじみだれ)を得意としました。

本太刀は、小鋒/小切先(こきっさき:小型の鋒/切先)で猪首風、身幅は広めで踏ん張りのある上品な太刀姿。地鉄(じがね)は板目肌(いためはだ)にところどころ柾目肌(まさめはだ)が交じり、乱映り(みだれうつり)が立っています。刃文は、小乱(こみだれ)に小丁子(こちょうじ)が交じり、刃中に見事な丁子映り(ちょうじうつり:丁子乱刃に沿って現われた映り)が見られるのが特徴です。帽子は乱れこんで小丸、焼き詰め(やきづめ:返りがない)気味。表裏の乱れが同一で、喰い違った箇所がほとんどなく、基近の技術の高さがうかがえる名刀です。

名家・著名人の日本刀 名家・著名人の日本刀
名家・著名人と「太刀 銘 基近造」の関係についてご紹介します。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
重要美術品
時代 時代
鎌倉時代 中期
(古刀)
刀剣種別 刀剣種別
太刀
刀工 刀工
基近
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
備前伝
(備前国/岡山県)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
足利義輝→
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
72
反り 反り
(cm)
2.1

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは刀剣写真・日本刀画像の詳細情報ページです。
「太刀 銘 基近造」は鎌倉時代に制作された刀剣・日本刀です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い刀剣・日本刀。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
刀剣・日本刀の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に刀剣・日本刀・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード