一覧に戻る
  • 重要美術品
  • 鎌倉時代 中期

たち めい もとちかつくる

太刀 銘 基近造

太刀 銘 基近造

「基近」は、足利将軍家に伝来した福岡一文字「基近」が作刀した1振で、特に13代将軍義輝の愛刀として知られています。足利義輝は「剣豪将軍」と呼ばれるほどに剣術の腕が立ち、二条城でその生涯を終える瞬間まで複数の足利家伝来の名刀を振るったとの記録もある人物です。
基近の作風は、鋒/切先が猪首風となり、身幅は広めで踏ん張りのある上品な太刀姿、その刃文は、小乱れに小丁子が交じり、刃中もよく働き、見事な丁子映りも見られます。さらには、表裏の乱れは喰い違ったところがほとんどなく、同一歩調を取っています。
本太刀は、基近の技量の冴えを示す丁子乱れの典型的な作品です。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
重要美術品
時代 時代
鎌倉時代 中期
刀剣種別 刀剣種別
太刀
刀工 刀工
基近
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
備前伝
(備前国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
足利義輝→
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
72
反り 反り
(cm)
2.1
  • 名家・著名人の日本刀
    名家・著名人と「太刀 銘 基近造」の関係についてご紹介します。

太刀 銘 基近造の動画

太刀 銘 基近造

日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは日本刀(刀剣)写真の詳細情報ページです。
「太刀 銘 基近造」は鎌倉時代に制作された日本刀(刀剣)です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い日本刀(刀剣)。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
日本刀(刀剣)の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る