一覧に戻る
  • 重要美術品
  • 鎌倉時代 後期

かたな むめい でんよしおかいちもんじ

刀 無銘 伝吉岡一文字

刀  無銘  伝吉岡一文字

本刀は、能登の守護大名から戦国大名となった「畠山義総」(はたけやまよしふさ)の佩刀と伝承のある、備前「吉岡一文字」の傑作刀です。
義総は、一向一揆を平定し、また、国作りにも積極的に尽力するなど智勇(ちゆう:知恵と勇気)に優れた武将であり、七尾(現在の石川県七尾市)に居城として名城「七尾城」を建設しました。
のちに本刀は、畠山家の重臣であった「長家」(ちょうけ)に伝わります。長家は、前田家に仕え、「加賀八家」(かがはっけ:加賀藩の家老衆)のひとつとして、「穴水城」城主3万3,000石の名門となり、江戸時代も栄えました。
鎌倉時代における備前物のもっとも大きな流れには、「一文字派」と「長船派」があります。「一文字派」は、鎌倉時代初期に福岡の地で鍛刀を行なった「福岡一文字」の系統を始めとして、鎌倉時代中期、吉岡に移住した「吉岡一文字」、そして鎌倉時代末期にあたる1324年(正中元年)頃に、岩戸で興った「正中一文字」などが隆盛を極め、それぞれから多数の良工が世に送り出されました。
「吉岡一文字」は、「福岡一文字」助宗の孫である「左衛門尉助吉」(さえもんのじょうすけよし)を祖としており、一派の中では、助光や助義などが著名な名工です。
本刀は、総体に反りが浅く、元先の身幅(みはば)が少なく、鋒/切先(きっさき)も伸び、堂々とした力強い姿になっています。刃文は、大丁子乱れに互の目乱れ(ぐのめみだれ)や、逆ごころのある乱れが交じり、刃中の働きが実に見事で、乱れ映りが華やかに立つ1振です。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
重要美術品
時代 時代
鎌倉時代 後期
刀剣種別 刀剣種別
打刀
刀工 刀工
吉岡一文字
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
備前伝
(備前国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
70.3
反り 反り
(cm)
2
  • 名家・著名人の日本刀
    名家・著名人と「刀 無銘 伝吉岡一文字」の関係についてご紹介します。

刀 無銘 伝吉岡一文字の動画

刀  無銘  伝吉岡一文字

日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは日本刀(刀剣)写真の詳細情報ページです。
「刀 無銘 伝吉岡一文字」は鎌倉時代に制作された日本刀(刀剣)です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い日本刀(刀剣)。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
日本刀(刀剣)の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る