• 保存刀剣
  • 明治時代

たんとう めい すがわらかねのりこれをつくる こうたいじんぐうしきねんほう

短刀 銘 菅原包則作之 皇太神宮式年宝

短刀 銘 菅原包則作之 皇太神宮式年宝

短刀は、江戸時代末期から明治時代の日本を代表する刀工「菅原包則」(すがわらかねのり)が、内務省から注文を受け、1886年(明治19年)に行なわれた「式年遷宮」を記念して打った作品です。「式年遷宮」とは、伊勢神宮で20年に1度、新たに造営した社殿に「大御神」(おおみかみ)が遷座する儀式のことを言います。

本短刀は、鎌倉時代後期の名工「来国光」(らいくにみつ)の作風を目指して制作された刀剣地鉄(じがね)は小板目肌を丹念に鍛え、最高の仕上がりです。刃文は、湾れ刃(のたれば)に互の目(ぐのめ)を交え、鮮明に浮かび上がっています。

彫物は、刀剣の表側が所持者を守護する象徴の「旗鉾」(はたほこ)。裏側には、御祝事の印である「寿」の文字が刻まれています。本短刀は、祝祭のための品でありながら華美な装飾をあえて施さず、刀工が鋼に込めた魂のみが存在感を放っているのです。

菅原包則は、本名を「宮本志賀彦」(みやもとしがひこ)と言い、刀工「宮本包則」(みやもとかねのり)という名でも知られています。22歳の時、備前国長船(現在の岡山県瀬戸内市内)を拠点としていた刀匠「横山祐包」(よこやますけかね)の門人となり、備前伝の技法を習得し、「包」の偏諱を与えられました。鳥取藩の家老お抱えの刀工となったのち、京都に鍛冶場を設けます。1866年(慶応2年)に孝明天皇の御剣を鍛造し、能登守を受領。また、明治天皇以下3代の守り刀を鍛える御用鍛冶となりました。

菅原包則は、式年遷宮で本短刀を制作した20年後の1906年(明治39年)、明治期を代表する刀工である「月山貞一」(がっさんさだかず)と共に、帝室技芸員に任命。月山貞一が華やかな作風であるのに比べ、菅原包則の作品は、刀姿に雄々しさが見られ、全体に落ち着いた雰囲気を保った、伝統的な作風であると言えます。

名家・著名人の日本刀 名家・著名人の日本刀
名家・著名人と「短刀 銘 菅原包則作之 皇太神宮式年宝」の関係についてご紹介します。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
保存刀剣
時代 時代
明治時代
(現代刀)
刀剣種別 刀剣種別
短刀
刀工 刀工
宮本包則
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
-
(長野)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
25.5
反り 反り
(cm)
0

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは刀剣写真・日本刀画像の詳細情報ページです。
「短刀 銘 菅原包則作之 皇太神宮式年宝」は明治時代以降(現代刀)に制作された刀剣・日本刀です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い刀剣・日本刀。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
刀剣・日本刀の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に刀剣・日本刀・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード