• 未鑑定
  • 江戸時代

じゅうもんじやり めい ちょうよう

十文字槍 銘 長陽(茶臼山麓造之)
文化(十一年粟屋九世孫応房種君需流彩子正重)

十文字槍 銘 長陽(茶臼山麓造之) 文化(十一年粟屋九世孫応房種君需流彩子正重)

は、穂の部分が通常よりも長く、刃の両側から鎌の部分が短く突き出ているのが特徴で、「千鳥」(ちどり)と呼ばれる十文字槍に近い型となります。

江戸時代末期の1814年(文化11年)に制作され、新々刀の祖として知られる名工「水心子正秀」(すいしんしまさひで)の門人「流彩子正重」(りゅうさいしまさしげ)の手による槍です。

長州藩を治めた毛利家の重臣である「粟屋房種」(あわやふさたね)が制作を依頼し、かつての山城「長門城」(ながとじょう)があったと言われる茶臼山のふもとで鍛造されたと、に刻まれています。

名家・著名人の日本刀 名家・著名人の日本刀
名家・著名人と「十文字槍 銘 長陽(茶臼山麓造之) 文化(十一年粟屋九世孫応房種君需流彩子正重)」の関係についてご紹介します。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
未鑑定
時代 時代
江戸時代
(新々刀)
刀剣種別 刀剣種別
刀工 刀工
流彩子正重
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
-
(長州)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
33.0
反り 反り
(cm)
0

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは刀剣写真・日本刀画像の詳細情報ページです。
「十文字槍 銘 長陽(茶臼山麓造之) 文化(十一年粟屋九世孫応房種君需流彩子正重)」は江戸時代に制作された刀剣・日本刀です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い刀剣・日本刀。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
刀剣・日本刀の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に刀剣・日本刀・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード