• 特別重要刀剣
  • 鎌倉時代 中期

たち めい ためちかさく(せんじゅいん)

太刀 銘 為近作(千手院)

太刀 銘 為近作(千手院)

太刀は、「大和国千手院派」の刀工「為近」(ためちか)の作品です。

「千手院派」は、平安時代後期から、若草山奈良県奈良市)の麓に在住した刀工一派を指し、この地に「千手観音」を安置する「千手堂」があったことから、このように呼ばれるようになりました。

千手院派の作品には在品がほとんどなく、それは「東大寺」(奈良県奈良市)の僧兵が使う太刀を作刀していたため、銘を切る必要がなかったと考えられています。その中で、千手院派の在銘品である本太刀は希少であり、貴重な歴史的資料でもあると言えるのです。

本太刀は、磨上げ(すりあげ)されているものの、長大にして反り深く、重ねの厚い、力強く優美な姿が特徴的。地鉄(じがね)は、板目肌杢目(もくめ)が交じって大きく流れ、地沸(じにえ)厚く付き、地景入り。

刃文は、小(こにえ)出来の細直刃(ほそすぐは)が浅く湾れ(のたれ)て、小丁子(こちょうじ)、小互の目(こぐのめ)が交じり、刃縁ほつれて、打徐け湯走りが入り、さらに金筋砂流しが現われています。鎌倉時代の大和物の特色が豊かに映える1振です。

  • 名家・著名人の日本刀
    名家・著名人と「太刀 銘 為近作(千手院)」の関係についてご紹介します。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
特別重要刀剣
時代 時代
鎌倉時代 中期
(古刀)
刀剣種別 刀剣種別
太刀
刀工 刀工
為近
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
大和伝
(大和国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
75.9
反り 反り
(cm)
2.4

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは刀剣・日本刀写真/画像の詳細情報ページです。
「太刀 銘 為近作(千手院)」は鎌倉時代に制作された刀剣・日本刀です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い刀剣・日本刀。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
刀剣・日本刀の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に刀剣・日本刀・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード