• 保存刀剣
  • 江戸時代 後期

なぎなた めい へいあんじょうすけふさ

薙刀 銘 平安城助房(武蔵・新刀)

薙刀 銘 平安城助房(武蔵・新刀)

薙刀を制作した「平安城助房」は、京石堂派の刀工。紀州石堂派を祖とし、備前一文字派を彷彿とさせる、華やかな丁子乱れが特徴です。

本薙刀には、「秋草金銀蒔絵鞘 薙刀拵」(あきくさきんぎんまきえさや なぎなたごしらえ)が附属。

には、黒漆塗に高蒔絵で、優美な秋の草花や籬(まがき:垣根)が描かれ、柄金具(逆輪・銅金・銅尻金・水返)は銀磨地に猪目透が施されるなど、技巧も優れています。所持していた大名の格調の高さがうかがえる、絢爛豪華な1振です。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
保存刀剣
時代 時代
江戸時代 後期
刀剣種別 刀剣種別
薙刀
刀工 刀工
平安城助房
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
-
(武蔵国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
41.1
反り 反り
(cm)
2.7
  • 名家・著名人の日本刀
    名家・著名人と「薙刀 銘 平安城助房(武蔵・新刀)」の関係についてご紹介します。

刀剣・日本刀・甲冑(鎧兜)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは刀剣・日本刀写真/画像の詳細情報ページです。
「薙刀 銘 平安城助房(武蔵・新刀)」は江戸時代に制作された刀剣・日本刀です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い刀剣・日本刀。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
刀剣・日本刀の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に刀剣・日本刀・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼

注目ワード

注目ワード