• 未鑑定
  • 昭和時代

かたな めい えちごのくにみつおき しょうわにじゅうねんごがつひ

刀 銘 越後国光起 昭和二十年五月日

刀 銘 越後国光起 昭和二十年五月日

本刀を制作したのは、無鑑査刀匠の遠藤光起(えんどうみつおき)刀匠。新潟県出身の刀工で、小学校卒業後に鍛冶職人として働き始め、独学で作刀について研究するようになります。

1935年(昭和10年)に「栗原彦三郎」(くりはらひこさぶろう)が開設した日本刀鍛錬伝習所に入門。数年を経てのち、新作名刀展で数々の受賞を果たします。1981年(昭和56年)には、無鑑査に認定。昭和を代表する名工として、広く世に知られた刀匠です。

本刀は、軍刀として制作された物ですが、遠藤光起刀匠入念の本鍛錬刀です。元先差が少なく、身幅広めの堂々とした体配。

帽子の焼きは深く、刃文は焼きの高い互の目丁子乱れ、尖り刃が交じり、飛焼がかかります。地鉄(じがね)は、小板目肌詰み地景入り地沸(じにえ)付き、潤いのある美しさです。

終戦直前の1945年(昭和20年)に作刀された本刀。物資が不足し、粗製濫造が主であったにもかかわらず、これほどの名刀を鍛え上げた遠藤光起刀匠の、技量の高さが窺える貴重な1振です。

  • 名家・著名人の日本刀
    名家・著名人と「刀 銘 越後国光起 昭和二十年五月日」の関係についてご紹介します。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
未鑑定
時代 時代
昭和時代
(現代刀)
刀剣種別 刀剣種別
打刀
刀工 刀工
遠藤光起
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
-
(新潟県)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
66.1
反り 反り
(cm)
1.6

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは刀剣・日本刀写真/画像の詳細情報ページです。
「刀 銘 越後国光起 昭和二十年五月日」は明治時代以降(現代刀)に制作された刀剣・日本刀です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い刀剣・日本刀。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
刀剣・日本刀の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に刀剣・日本刀・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード