• 未鑑定
  • 昭和時代

かたな めい えちごのくにみつおき しょうわにじゅうねんもうか

刀 銘 越後国光起 昭和二十年孟夏

刀 銘 越後国光起 昭和二十年孟夏

本刀を制作したのは、無鑑査刀匠の遠藤光起(えんどうみつおき)刀匠。郷土・新潟県の英雄である連合艦隊司令長官山本五十六海軍大将より命じられ、昭和天皇から賜った御下賜金で、幕僚や関係者に贈呈する短刀の制作を行なっていました。

当時すでに、名工としての名声が高く、師である「栗原彦三郎」(くりはらひこさぶろう)も「聖代刀匠位列」において、遠藤光起刀匠を最上大業物、検査役格と評価。刀剣界でも頭角を現わしていました。

本刀は、まさに終戦直前の1945年(昭和20年)初夏に、軍刀として作刀された本鍛錬の1振。刃長反り共に尋常ながら、帽子の焼き深く、平肉もたっぷり付き、実戦で刃味(はあじ)を発揮できる体配です。

そこに美を追求されているところが、遠藤光起刀匠の非凡さであり、刃文勝ち付く焼きの高い乱れ刃で、互の目(ぐのめ)と丁子が交じり、地鉄(じがね)は小板目詰ん地景が入り、地刃共に明るく冴えています。

刀身は未使用で、欠点もなく、制作当時の生ぶ姿で残されており、戦時中の軍刀資料としても、特筆に価する1振です。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
未鑑定
時代 時代
昭和時代
刀剣種別 刀剣種別
打刀
刀工 刀工
遠藤光起
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
-
(新潟県)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
68.0
反り 反り
(cm)
1.6
  • 名家・著名人の日本刀
    名家・著名人と「刀 銘 越後国光起 昭和二十年孟夏」の関係についてご紹介します。

刀剣・日本刀・甲冑(鎧兜)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは刀剣・日本刀写真/画像の詳細情報ページです。
「刀 銘 越後国光起 昭和二十年孟夏」は明治時代以降(現代刀)に制作された刀剣・日本刀です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い刀剣・日本刀。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
刀剣・日本刀の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に刀剣・日本刀・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼

注目ワード

注目ワード