• 特別保存刀剣
  • 江戸時代 後期

たんとう めい すいしんしまさつぐ

短刀 銘 水心子正次

短刀 銘 水心子正次

短刀は、2代「水心子正秀」(すいしんしまさひで)の子である「水心子正次」が作刀した短刀です。水心子正次は、父・2代水心子正秀が早世したため、「大慶直胤」(たいけいなおたね)に師事しました。出来やぶりは父の2代水心子正秀ではなく、師である大慶直胤流になります。

本短刀は、の部分を太く作って成形し、刀身と一体型にした共柄(ともつか)になっているのが特徴。柄のに銘が切ってあり、刀身は水心子正次の典型的な作風で、地鉄は無地風、刃文互の目尖り刃が交じります。

珍しい姿と共に、に施された象嵌も丁寧であることから、当時の数寄者か、腕の立つ武芸者からの求めに応じて制作したと推測される逸品です。

名家・著名人の日本刀 名家・著名人の日本刀
名家・著名人と「短刀 銘 水心子正次」の関係についてご紹介します。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
特別保存刀剣
時代 時代
江戸時代 後期
(新々刀)
刀剣種別 刀剣種別
短刀
刀工 刀工
水心子正次
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
-
(-)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
19.7
反り 反り
(cm)
0

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは刀剣写真・日本刀画像の詳細情報ページです。
「短刀 銘 水心子正次」は江戸時代に制作された刀剣・日本刀です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い刀剣・日本刀。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
刀剣・日本刀の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に刀剣・日本刀・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード