• 保存刀剣
  • 江戸時代

たんとう めい はくしゅうおおがきみやもとかねのり

短刀 銘 伯州大柿宮本包則

短刀 銘 伯州大柿宮本包則

「短刀 銘 伯州大柿宮本包則」は、のちに「帝室技芸員」(ていしつぎげいいん)に任命される宮本包則(みやもとかねのり 本名:志賀彦)26歳頃の、若さ溢れる意欲作です。

宮本包則は、伯耆国大柿(ほうきのくに:現在の鳥取県倉吉市)の出身で、22歳のときに備前国長船(現在の岡山県瀬戸内市)の刀匠「横山祐包」(よこやますけかね)の門弟となります。のちに師より「包則」の名を授けられて帰郷。「宮本包則」と名乗り、鳥取藩のお抱え刀工として作刀しました。

1863年(文久3年)には京都の三条通り堀川に拠点を移します。1866年(慶応2年)、有栖川宮熾仁親王(ありすがわのみやたるひとしんのう)の命で孝明天皇(こうめいてんのう)の剣を作刀し、能登守(のとのかみ)を受領。伊勢神宮(いせじんぐう)式年遷宮(しきねんせんぐう)の神宝太刀(しんぽうたち)や明治天皇大正天皇昭和天皇守り刀(まもりがたな)を作刀し、1906年(明治39年)に帝室技芸員に任命されました。

短刀は、身幅尋常(みはばじんじょう)で、重ねやや厚い姿(すがた)。地鉄(じがね)は、板目肌(いためはだ)に柾目(まさめ)がわずかに交じり、無地肌に近いです。刃文(はもん)は、匂出来(においでき:が刃文全体を覆うような様)の互の目(ぐのめ)乱れとなり、側にも先より半ばまで焼き下げます。

本短刀作刀時、1856年(安政3年)、宮本包則は27歳。この年に鳥取藩家老・荒尾千葉之介の推薦により藩工となっています。本短刀は宮本包則の最初期の作品であり、後年の活躍を垣間見ることができる1振です。

名家・著名人の日本刀 名家・著名人の日本刀
名家・著名人と「短刀 銘 伯州大柿宮本包則」の関係についてご紹介します。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
保存刀剣
時代 時代
江戸時代
(新々刀)
刀剣種別 刀剣種別
短刀
刀工 刀工
宮本包則
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
-
(-)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
26.0
反り 反り
(cm)
内反り

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは刀剣写真・日本刀画像の詳細情報ページです。
「短刀 銘 伯州大柿宮本包則」は江戸時代に制作された刀剣・日本刀です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い刀剣・日本刀。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
刀剣・日本刀の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に刀剣・日本刀・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード