• 特別保存刀剣
  • 昭和時代

かたな めい くずおさんろくじゅうにんみやいりあきひらさく

刀 銘 葛尾山麓住人宮入昭平作

刀 銘 葛尾山麓住人宮入昭平作

本刀は、太平洋戦争後期の昭和19年(1944年)に、宮入昭平刀匠により鍛え上げられた1振。

宮入昭平刀匠は、「栗原彦三郎」(くりはらひこさぶろう)が設立した日本刀鍛錬伝習所への入所を皮切りに、戦中戦後に活躍し、後年「人間国宝」に認定された名工です。

また、指導者として後進育成に尽力し、多くの優秀な刀匠を世に送り出したことから、宮入一門の名を世に名高いものとしています。

時節柄、軍刀として作刀された刀になりますが、常の物とは一線を画す、美しさが際立つ出来です。

姿は、元先差がなく豪壮な体配で、地鉄は小板目詰み肌立ち明るく、刃文は小が盛んに付いた互の目乱れ丁子が交じり冴えます。帽子乱れ込んで返り、仕立ても丁寧に施されており、まさしく名工の手による刀と言えるでしょう。

戦地へ赴く将校の武運長久を祈願し、念入りに作刀した宮入昭平刀匠の人柄が分かる1振です。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
特別保存刀剣
時代 時代
昭和時代
刀剣種別 刀剣種別
打刀
刀工 刀工
宮入昭平
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
-
(長野県)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
66.1
反り 反り
(cm)
2.1
  • 名家・著名人の日本刀
    名家・著名人と「刀 銘 葛尾山麓住人宮入昭平作」の関係についてご紹介します。

刀剣・日本刀・甲冑(鎧兜)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは刀剣・日本刀写真/画像の詳細情報ページです。
「刀 銘 葛尾山麓住人宮入昭平作」は明治時代以降(現代刀)に制作された刀剣・日本刀です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い刀剣・日本刀。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
刀剣・日本刀の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に刀剣・日本刀・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼

注目ワード

注目ワード