• 特別重要刀剣
  • 南北朝時代

かたな むめい でんちょうぎ(みととくがわけでんらい)

刀 無銘 伝長義(水戸徳川家伝来)

刀 無銘 伝長義(水戸徳川家伝来)

本刀は、「水戸徳川家」(みととくがわけ)に伝来したと推測される1振。水戸徳川家は、「尾張徳川家」、「紀伊徳川家」と共に、「徳川御三家」(とくがわごさんけ)のひとつに数えられ、江戸時代を通じて、常陸国水戸藩(ひたちのくに・みとはん:現在の茨城県水戸市)を代々領していました。

本刀を制作したと伝えられる刀工「長義」(ちょうぎ/ながよし)は、南北朝時代における多くの備前鍛冶(びぜんかじ)の中でも、流行となっていた「相州伝」(そうしゅうでん)を「備前伝」の中に融合させた「相伝備前」(そうでんびぜん)の代表工。

その技量は、作刀が「大業物」(おおわざもの)に列せられる、同じく相伝備前の名工「兼光」(かねみつ)と肩を並べるほどに優れていたのです。

相伝備前の中でも長義の作刀は、板目肌地沸(じにえ)を厚く敷き、地景(ちけい)が交じる鍛えがよく観られ、相伝備前とは言っても、相州伝を強調した作風であるのが特徴。

ところが、本刀においては、微細で抑制された付きががち(においがち)の様相を呈しているため、通常の長義作の日本刀に比べて、地映り(じうつり)がはっきりと立つなど、備前伝の要素が強く現われています。

本刀は、長義の作刀に多い大磨上無銘(おおすりあげむめい)。しかし、これによく似た様相と焼刃(やきば)を持ち、「備州長船住長義」(びしゅうおさふねじゅうちょうぎ/ながよし)のが刻まれた、重要文化財指定の太刀があることから、本刀においても、長義の作であると極めることが可能です。

  • 名家・著名人の日本刀
    名家・著名人と「刀 無銘 伝長義(水戸徳川家伝来)」の関係についてご紹介します。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
特別重要刀剣
時代 時代
南北朝時代
(古刀)
刀剣種別 刀剣種別
打刀
刀工 刀工
長義
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
-
(備前国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
水戸徳川家伝来 →
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
72.4
反り 反り
(cm)
2

刀 無銘 伝長義(水戸徳川家伝来)の動画

刀 無銘 伝長義(水戸徳川家伝来)

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは刀剣・日本刀写真/画像の詳細情報ページです。
「刀 無銘 伝長義(水戸徳川家伝来)」は南北朝時代に制作された刀剣・日本刀です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い刀剣・日本刀。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
刀剣・日本刀の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に刀剣・日本刀・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード