• 重要刀剣
  • 江戸時代

かたな めい ひぜんこくじゅうむつのかみただよし

刀 銘 肥前国住陸奥守忠吉(三代忠吉)

刀 銘 肥前国住陸奥守忠吉(三代忠吉)

陸奥守忠吉」は、「近江大掾忠広」(おうみだいじょうただひろ)の嫡子で、忠吉3代目を継いだ刀匠です。

父・忠広は生涯において忠吉を名乗ることができませんでしたが、3代・忠吉が襲名したのは、「土佐守忠吉」(とさのかみただよし)が亡くなったあと、土佐守家が、本家に忠吉のを返上したことがその理由です。1660年(万治3年)に「陸奥大掾」を受領し、翌1661年(万治4年/寛文元年)、陸奥守に転じました。そして1686年(貞享3年)父・忠広より先立って50歳で亡くなったのです。

3代・忠吉の作品があまり多くない理由は、作刀期間が比較的短かっただけでなく、父の代作を任されていたことにもあると推測されます。

3代・忠吉の作風は、父よりも祖父である初代・忠吉によく似ていて、直刃(すぐは)を最も得意としており、その他には、本刀に見られるような互の目丁子(ぐのめちょうじみだれ)も上手です。小杢目(もくめ)鍛えの地肌は、初代、2代に比べてさらに強く、地景(ちけい)がよく入っており、良質な肌合いを示します。

本刀の刃文は、大互の目乱に小湾れ(のたれ)、丁子が交じり、覇気のある乱刃を焼いており、3代・忠吉の非凡な腕前が余すところなく発揮された1振です。

名家・著名人の日本刀 名家・著名人の日本刀
名家・著名人と「刀 銘 肥前国住陸奥守忠吉(三代忠吉)」の関係についてご紹介します。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
重要刀剣
時代 時代
江戸時代
(新刀)
刀剣種別 刀剣種別
打刀
刀工 刀工
陸奥守忠吉(三代忠吉)
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
-
(肥前国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
69.7
反り 反り
(cm)
2

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは刀剣写真・日本刀画像の詳細情報ページです。
「刀 銘 肥前国住陸奥守忠吉(三代忠吉)」は江戸時代に制作された刀剣・日本刀です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い刀剣・日本刀。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
刀剣・日本刀の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に刀剣・日本刀・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード