一覧に戻る
  • 未鑑定
  • 江戸時代 前期

けん(つるぎ) むめい でん しんとうせき

剣 無銘 伝 新刀関

剣 無銘 伝 新刀関

とは、両方に刃がある諸刃(もろは)のこと。日本では片刃の刀剣・日本刀が主に使用されたため、剣の需要は少なく、平安時代以降は密教の道具として用いられました。
本剣は、両鎬造で無銘。地鉄(じがね)は、小板目肌が沈んで、無地風に詰み綺麗です。刃文は小互の目乱れ(こぐのめみだれ)で、乱れの頭が尖っているものや角張っているものなどが交ざっているのが特徴です。刃縁(にえ)、(におい)も深く、刃中にが頻繁に入っている、素晴らしい1振。
このことから、江戸時代前期頃の美濃国(現在の岐阜県)、加賀国(現在の石川県)あたりで作られたのではないかと考えられます。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
未鑑定
時代 時代
江戸時代 前期
刀剣種別 刀剣種別
刀工 刀工
-
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
-
(美濃国または加賀国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
63.8
反り 反り
(cm)
0
  • 名家・著名人の日本刀
    名家・著名人と「剣 無銘 伝 新刀関」の関係についてご紹介します。

剣 無銘 伝 新刀関の動画

剣 無銘 伝 新刀関

刀剣・日本刀・甲冑(鎧兜)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは刀剣・日本刀写真の詳細情報ページです。
「剣 無銘 伝 新刀関」は江戸時代に制作された刀剣・日本刀です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い刀剣・日本刀。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
刀剣・日本刀の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に刀剣・日本刀・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼

注目ワード

注目ワード