• 未鑑定
  • 平成時代

わきざし めい しなのこくきよゆき へいせいにじゅうろくねんはる

脇差 銘 信濃国清行 平成二十六年春

脇差 銘 信濃国清行 平成二十六年春

脇差の制作者である「古川清行」(ふるかわきよゆき)は、本名を「古川信夫」(ふるかわのぶお)と言い、東京理科大学在学中に信濃美術館(現・長野県信濃美術館・東山魁夷館[ひがしやまかいいかん])の名刀展で観た刀剣に魅了され、刀工になることを決意。大学卒業後の1972年(昭和47年)より、「宮入清平」(みやいりきよひら:のちに「清宗」[きよむね]と号する)に師事。

1978年(昭和53年)に文化庁より作刀承認を受け、1987年(昭和62年)には、新作名刀展(現・現代刀職展)において特賞である寒山賞(かんざんしょう)を受賞。1981年(昭和56年)、長野県須坂市に鍛刀場を設立し、以後、同展で数々の特賞や優秀賞などを獲得。

これらの功績が認められ、古川清行は2007年(平成19年)に、須坂市の無形文化財に認定されています。2009年(平成21年)に新作名刀展の最高賞である日本美術刀剣保存協会会長賞を受賞し、同年に無鑑査刀匠の称号を授与されました。

本脇差の刃文は、湾れ(のたれ)に所々互の目乱れ(ぐのめみだれ)が交じり、刃縁(はぶち)に(にえ)がよく付き、その刃中には金筋(きんすじ)や湯走り(ゆばしり)といった働きが現れています。

菖蒲造(しょうぶづくり)の姿は、(しのぎ)が高く力強さが感じられ、相州伝(そうしゅうでん)の作風に長けていた古川清行の持ち味を、たっぷりと堪能できる1振です。

  • 名家・著名人の日本刀
    名家・著名人と「脇差 銘 信濃国清行 平成二十六年春」の関係についてご紹介します。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
未鑑定
時代 時代
平成時代
(現代刀)
刀剣種別 刀剣種別
脇差
刀工 刀工
古川清行
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
-
(長野県)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
51.5
反り 反り
(cm)
1.2

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは刀剣・日本刀写真/画像の詳細情報ページです。
「脇差 銘 信濃国清行 平成二十六年春」は明治時代以降(現代刀)に制作された刀剣・日本刀です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い刀剣・日本刀。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
刀剣・日本刀の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に刀剣・日本刀・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード