• 未鑑定
  • 江戸時代

すやり めい ちくごくるめじゅうむねきよさく

素槍 銘 筑後久留米住宗清作

素槍 銘 筑後久留米住宗清作

を制作したのは、筑後国(ちくごのくに:現在の福岡県南部)の名工「宗清」(むねきよ)です。

宗清は、久留米藩(くるめはん:現在の福岡県久留米市)の歴代藩主であった「有馬家」(ありまけ)に仕えていた「青木近江介清秀」(あおきおうみのすけきよひで)の弟であり、切れ味の良さが高く評価されていた「固山宗次」(こやまむねつぐ)の門人でもありました。

宗清は、師のように「業物」(わざもの)を鍛えることに定評があり、兄と同様に久留米藩のお抱え工となって活躍。同藩の藩主の中でも、特に10代藩主「有馬頼永」(ありまよりとう/よりとお)が武芸に励み、また藩士達にも強く勧めていました。そのため、有馬家のお抱え工として、厚い信頼を得ていた宗清を含む青木清秀一門に、同藩の藩士から作刀依頼が殺到していたのです。

本槍のような「素槍」(すやり:同音で「直槍」とも表記する)は、刀身(とうしん)に枝刃を設けていない直線的な姿をしていることが特徴。特に両鎬造り(りょうしのぎづくり)の素槍は、実戦での過度な使用にも耐え得る頑丈さから人気を集めており、宗清についても、同形式の槍を多数制作していました。

名家・著名人の日本刀 名家・著名人の日本刀
名家・著名人と「素槍 銘 筑後久留米住宗清作」の関係についてご紹介します。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
未鑑定
時代 時代
江戸時代
(新刀)
刀剣種別 刀剣種別
刀工 刀工
源宗清
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
-
(-)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
15.0
反り 反り
(cm)
0

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは刀剣写真・日本刀画像の詳細情報ページです。
「素槍 銘 筑後久留米住宗清作」は江戸時代に制作された刀剣・日本刀です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い刀剣・日本刀。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
刀剣・日本刀の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に刀剣・日本刀・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード