• 重要刀剣
  • 江戸時代 初期

わきざし めい はりまのかみてるひろつくる

脇差 銘 播磨守輝廣作

脇差 銘 播磨守輝廣作

「脇差 銘 播磨守輝廣作」を作刀した播磨守輝廣(はりまのかみてるひろ)は、尾張国(おわりのくに:現在の愛知県)出身の刀工です。父の肥後守輝廣(ひごのかみてるひろ)と共に、埋忠派の始祖である「埋忠明寿」(うめただみょうじゅ)に学びます。のちに主君である「福島正則」(ふくしままさのり)の転封により安芸国(あきのくに:現在の広島県)へ移り作刀しました。

相州上工(そうしゅうじょうこう:正宗貞宗など相州伝の名工を総称する呼び方)の作風を狙った刀は、本歌に迫る出来であるとも評された江戸時代初期の名工です。

脇差は、寸延び(すんのび)て反りある南北朝期の小脇差を思わせる体配で、地刃の出来口から相州正宗に範を取ったと考えられる1振。地刃共に明るくえており、特に地鉄(じがね)は古作に見紛う美しさです。

先(なかごさき)も輝廣の特徴である舟形風の丸みを帯びた栗尻(くりじり)となっています。は表が素剣(すけん/そけん)、裏が二筋樋(ふたすじひ/にすじひ)です。「播磨守輝廣作」の(めい)があります。

名家・著名人の日本刀 名家・著名人の日本刀
名家・著名人と「脇差 銘 播磨守輝廣作」の関係についてご紹介します。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
重要刀剣
時代 時代
江戸時代 初期
(新刀)
刀剣種別 刀剣種別
脇差
刀工 刀工
播磨守輝廣
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
-
(-)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
40.6
反り 反り
(cm)
0.9

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは刀剣写真・日本刀画像の詳細情報ページです。
「脇差 銘 播磨守輝廣作」は江戸時代に制作された刀剣・日本刀です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い刀剣・日本刀。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
刀剣・日本刀の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に刀剣・日本刀・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード