• 未鑑定
  • 江戸時代

やり めい あわやきゅうせいまごおうふさたねくんじゅりゅうさいしまさしげ
ちょうようちゃうすさんろくにおいてこれをつくる

槍 銘 粟屋九世孫応房種君需流彩子正重
於長陽茶臼山麓造之

槍 銘 粟屋九世孫応房種君需流彩子正重 於長陽茶臼山麓造之

は、江戸時代に制作された素槍(すやり:刀身(とうしん)に枝刃が設けられていない直線状の槍。同音で「直槍」とも表記する)ですが、「けら首」が長い姿から、室町時代の古作を模した1振だと言えます。

表に切られた「粟屋九世孫応房種」は、本槍の注文主。毛利家譜代の重臣の家柄である「寄組」(よりぐみ)に属し、4,915石の所領を与えられ、幕末期には粟屋家の当主となりました。

本槍の作者「流彩子正重」(りゅうさいしまさしげ)は、長州藩在住の刀工。江戸時代後期の名工「水心子正秀」(すいしんしまさひで)から教えを受けたとも言われています。

本槍は刃長(はちょう)が1尺(約30.3cm)を越える大身槍(おおみやり)です。

名家・著名人の日本刀 名家・著名人の日本刀
名家・著名人と「槍 銘 粟屋九世孫応房種君需流彩子正重 於長陽茶臼山麓造之」の関係についてご紹介します。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
未鑑定
時代 時代
江戸時代
(新々刀)
刀剣種別 刀剣種別
刀工 刀工
流彩子正重
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
-
(-)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
35.0
反り 反り
(cm)
0

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは刀剣写真・日本刀画像の詳細情報ページです。
「槍 銘 粟屋九世孫応房種君需流彩子正重 於長陽茶臼山麓造之」は江戸時代に制作された刀剣・日本刀です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い刀剣・日本刀。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
刀剣・日本刀の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に刀剣・日本刀・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード