• 重要刀剣
  • 江戸時代 後期

かたな めい じょうしゅうすいふじゅうなおえすけまさ

刀 銘 常州水府住直江助政

刀 銘 常州水府住直江助政

の「常州水府住直江助政」とは、常州(現在の茨城県)で活躍した「直江助政」のこと。大坂の新々刀を代表する名工「尾崎助隆」(おざきすけたか)に学び、「水心子正秀」にも師事し、水戸徳川家の藩工となりました。

直江助政の作風は、水戸藩好みの長寸幅広で、大鋒/切先という武張った体配。同じ大坂新刀の名手「井上真改」(いのうえしんかい)に似た、荒沸(あらにえ)本位の直刃調で、さらにが深く、刃中によくづいているのが特徴です。

本刀は、幕末の水戸徳川家藩士「朝比奈弥太郎泰尚」(あさひなやたろうやすなお)に伝来したと言われる1振。直刃調で浅く湾れた刃を焼き、は小板目がよく詰み地沸(じにえ)が厚く付き、地景(ちけい)が細かく入っていて、秀逸です。

名家・著名人の日本刀 名家・著名人の日本刀
名家・著名人と「刀 銘 常州水府住直江助政」の関係についてご紹介します。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
重要刀剣
時代 時代
江戸時代 後期
(新々刀)
刀剣種別 刀剣種別
打刀
刀工 刀工
直江助政
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
-
(常州)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
朝比奈弥太郎泰尚 →
刀剣ワールド財団

〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
94.5
反り 反り
(cm)
2.8

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは刀剣写真・日本刀画像の詳細情報ページです。
「刀 銘 常州水府住直江助政」は江戸時代に制作された刀剣・日本刀です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い刀剣・日本刀。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
刀剣・日本刀の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に刀剣・日本刀・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード