一覧に戻る
  • 未鑑定
  • 平成時代

かたな めい つゆ かんばやしつねひらさく

刀 銘 露 上林恒平作

刀 銘 露 上林恒平作

本刀は、最高位の刀工に与えられる称号「無鑑査」をもつ上林恒平刀匠による刀です。

南北朝時代の名匠・志津三郎兼氏を彷彿とさせる作りであり、正宗などを輩出した「相州伝」の作風の中でも非常に優れた作品となっています。

また、刀の世界には「笹の露」という号(逸話から名づけられた通称)を持つ刀があります。これは、「触れれば落ちてしまうほど良く切れる刀」という意味合いのもと名付けられたものです。

本刀の(なかご)にも「露」の一語が金象嵌で飾られており、上林恒平刀匠自信の1振となっています。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
未鑑定
時代 時代
平成時代
刀剣種別 刀剣種別
打刀
刀工 刀工
上林恒平
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
相州伝
(山形県)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
個人蔵
長さ 長さ
(cm)
-
反り 反り
(cm)
-
  • 名家・著名人の日本刀
    名家・著名人と「刀 銘 露 上林恒平作」の関係についてご紹介します。

日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは日本刀(刀剣)写真の詳細情報ページです。
「刀 銘 露 上林恒平作」は明治時代以降(現代刀)に制作された日本刀(刀剣)です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い日本刀(刀剣)。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
日本刀(刀剣)の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る