一覧に戻る
  • 未鑑定
  • 現代

かたな めい しなのじゅうみやいりめぐみこれをつくる

刀 銘 信濃住宮入恵作之

刀 銘 信濃住宮入恵作之

本刀の作者である刀工「宮入恵」は、1957年(昭和32年)に長野県坂城町で生まれ、1977年(昭和52年)、実父で人間国宝でもある「宮入行平(昭平)」(みやいりゆきひら[あきひら])刀匠の「宮入鍛錬道場」へ入門しました。しかし、修行半ばで宮入行平が急逝したことを受け、その高弟(こうてい:優れた弟子)であった「藤安将平」(ふじやすまさひら)に師事。1996年(平成8年)より自身の刀工を、江戸時代末期に「水心子」(すいしんし)一門の門下で作刀を学んだ曾祖父「小左衛門」(こざえもん)と、父・宮入行平の名を合わせた「小左衛門行平」に改めています。
宮入恵は、1983年(昭和58年)に「公益財団法人 日本美術刀剣保存協会」主催の「第19回 新作名刀展(現在の[現代刀職展])」に初出品し、努力賞を獲得。以後、2000年(平成12年)までに、最高賞である高松宮賞(現在の高松宮記念賞)6回を始め、優秀賞や寒山賞などの特賞を数多く受賞。同年には、刀匠の最高位の資格とも言える「無鑑査」に認定されています。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
未鑑定
時代 時代
現代
刀剣種別 刀剣種別
打刀
刀工 刀工
宮入恵
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
-
(長野県)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
74.6
反り 反り
(cm)
2.2
  • 名家・著名人の日本刀
    名家・著名人と「刀 銘 信濃住宮入恵作之」の関係についてご紹介します。

日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは日本刀(刀剣)写真の詳細情報ページです。
「刀 銘 信濃住宮入恵作之」は明治時代以降(現代刀)に制作された日本刀(刀剣)です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い日本刀(刀剣)。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
日本刀(刀剣)の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る