一覧に戻る
  • 特別保存刀剣
  • 昭和時代

かたな めい てっかどうじんくんよんとうあきひできんさく

刀 銘 銕火道人勲四等昭秀謹作

刀 銘 銕火道人勲四等昭秀謹作

に切られた「昭秀」とは、「栗原彦三郎昭秀」刀匠のこと。日本刀(刀剣)の鍛錬が趣味で、衆議院議員を務めたのち、東京(赤坂氷川町)の自宅庭に「日本刀伝習所」を設け刀工育成に尽力しました。

門下生は200余名と言われ、人間国宝の「宮入昭平」(行平)刀匠や、「天田昭次」刀匠など多数輩出。刀剣界の功労者と言われている人物です。

本刀は、昭秀刀匠の最高傑作にして代表作に上げられる1振。刃文直刃調(すぐはちょう)で互の目(ぐのめ)頭揃え、厚く(にえ)が付き、が長く入った物。刀身彫刻も見事で、彫物は門人である「阿部昭忠」(あべあきただ)名人の作。

櫃内の表には玉追い龍、裏には天孫降臨図。また、刀身には万葉集を編纂した「大伴家持」(おおとものやかもち)の長歌「海行かば」が浮彫してあり、圧巻です。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
特別保存刀剣
時代 時代
昭和時代
刀剣種別 刀剣種別
打刀
刀工 刀工
栗原昭秀
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
-
(-)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
73.3
反り 反り
(cm)
1.5
  • 名家・著名人の日本刀
    名家・著名人と「刀 銘 銕火道人勲四等昭秀謹作」の関係についてご紹介します。

日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは日本刀(刀剣)写真の詳細情報ページです。
「刀 銘 銕火道人勲四等昭秀謹作」は明治時代以降(現代刀)に制作された日本刀(刀剣)です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い日本刀(刀剣)。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
日本刀(刀剣)の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る