一覧に戻る
  • 国宝
  • 鎌倉時代

たんとう めい うらくらいくにみつ

短刀 銘 来国光(名物 有楽来国光)

短刀 銘 来国光(名物 有楽来国光)

短刀は、「織田信長」の末弟で、武将の「織田長益/有楽斎」(おだながます/うらくさい)が、「豊臣秀頼」から拝領した「名物 有楽来国光」と呼ばれる国宝の1振です。
長益/有楽斎は、信長と違って、病弱で大人しい性格。戦に出るよりも和解交渉など、参謀(さんぼう:幕僚として、作戦に参与し補佐すること)を得意としました。

信長亡きあとは、「豊臣秀吉」に仕え、御伽衆(おとぎしゅう:話し相手)に抜擢。同年、43歳で剃髪します。信長の弟として生まれ、楽な人生ではなかったからと、当初は「無楽斎」(むらくさい)と名乗ろうとしましたが、秀吉に「あなたの人生は無楽ではないよ、有楽にせよ」と言われて、「有楽斎」にしたと言われています。

参謀のひとつとして、幼少の頃から「茶道」を身に付け、さらに「千利休」(せんのりきゅう)に学んで極め、晩年は独自の流派、武家茶道「有楽流」(うらくりゅう)を興したことでも有名です。なお、諸説ありますが、東京の「有楽町」という地名は、有楽斎の屋敷があったことに由来しています。秀吉亡きあとも、得意の交渉能力を発揮し、「関ヶ原の戦い」では「徳川家康」に付き、「大坂冬の陣」では淀君の叔父として豊臣家に付くなど、激しい乱世を生き抜きました。

本短刀を制作したのは、「来国光」。鎌倉時代末期に、山城国(現在の京都市)で活躍した名工です。

刃文互の目(ぐのめ)交じりの大丁子乱れで、とても華やか。地鉄(じがね)は流麗精細な小板目肌身幅が広く、重ねも厚く覇気があり、豪壮な体配ながら、荘厳な高みに到達した凛とした品格を伴っています。差表(さしおもて)に素剣(そけん/すけん:不動明王の化身であるの図)が彫られているのも特徴です。

1930年(昭和5年)には国宝に指定され、「享保名物帳」には、五千貫(現在の価格で約3.7億円)と記載された逸品。長益/有楽斎所持後は、刀剣鑑定の名家「本阿弥光甫」の取次で「前田利常」が求め、長く加賀百万石の前田家に伝来した、由緒正しい名刀です。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
国宝
時代 時代
鎌倉時代
刀剣種別 刀剣種別
短刀
刀工 刀工
来国光
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
山城伝
(山城国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
豊臣秀頼 →
織田有楽斎 →
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
27.7
反り 反り
(cm)
0
  • 名家・著名人の日本刀
    名家・著名人と「短刀 銘 来国光(名物 有楽来国光)」の関係についてご紹介します。

日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは日本刀(刀剣)写真の詳細情報ページです。
「短刀 銘 来国光(名物 有楽来国光)」は鎌倉時代に制作された日本刀(刀剣)です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い日本刀(刀剣)。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
日本刀(刀剣)の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る