• 保存刀剣
  • 大正時代

かたな めい ていしつぎげいいんがっさんさだかず(かおう)
(きくすいもん)

刀 銘 帝室技芸員月山貞一作(花押)
(菊水紋)

刀 銘 帝室技芸員月山貞一作(花押)(菊水紋)

「刀 銘 帝室技芸員月山貞一作[花押][菊水紋]」の作者である初代月山貞一(がっさんさだかず)は、1836年(天保7年)に近江国(おうみのくに:現在の滋賀県)で生まれ、7歳のときに大阪鎗屋町(やりやまち)の刀匠・月山貞吉(がっさんさだよし)の養子となります。

11歳より養父に学んで鍛刀を始め、月山鍛冶(がっさんかじ)の家伝である「綾杉肌」(あやすぎはだ)だけでなく、五箇伝の技法に精通し、1876年(明治9年)の廃刀令により刀剣の需要が激減すると言う苦難な時代に、日本刀鍛錬技術の保存と向上のために尽力しました。

その技量の高さから、1906年(明治39年)、帝室技芸員(ていしつぎげいいん)に任命され、翌年に明治天皇軍刀を作成しています。

本刀は、反り浅く中鋒/中切先(ちゅうきっさき)の姿(すがた)。刃文(はもん)は、緩やかに(のた)れています。(なかご)は先刃上栗尻(さきはあがりくりじり)、目釘孔(めくぎあな)はひとつで、差表(さしおもて)には「帝室技芸員月山貞一作[花押]」、裏には「菊水紋」(きくすいもん)と「大正三年八月」年紀銘(ねんきめい)が切られています。初代月山貞一が78歳のときの作品です。

名家・著名人の日本刀 名家・著名人の日本刀
名家・著名人と「刀 銘 帝室技芸員月山貞一作(花押)(菊水紋)」の関係についてご紹介します。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
保存刀剣
時代 時代
大正時代
(現代刀)
刀剣種別 刀剣種別
打刀
刀工 刀工
月山貞一(初代)
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
-
(大阪府)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
68
反り 反り
(cm)
1.8

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは刀剣写真・日本刀画像の詳細情報ページです。
「刀 銘 帝室技芸員月山貞一作(花押)(菊水紋)」は明治時代以降(現代刀)に制作された刀剣・日本刀です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い刀剣・日本刀。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
刀剣・日本刀の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に刀剣・日本刀・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード