一覧に戻る
  • 未鑑定
  • 平成時代

たち めい よしんど・かねくにがっさく

太刀 銘 義人・兼圀合作

太刀 銘 義人・兼圀合作

太刀は、無鑑査「尾川兼圀」(おがわかねくに)刀匠と、同じく無鑑査「吉原義人」(よしわらよしんど)刀匠による、合作刀です。
刀身は尾川兼圀刀匠が、大分県の国東半島の砂鉄を自家製鉄した玉鋼で制作。焼き入れは、吉原義人刀匠が行ないました。
鎌倉時代の太刀姿を思わせる、中鋒/中切先(ちゅうきっさき)で、身幅が広い鎬造の美しい体配。地鉄(じがね)は、板目杢目がやや肌立ち刃文は吉原義人刀匠の代名詞である吉原丁子(よしわらちょうじ)が焼かれ、とても華やかです。実力、人気ともに最高と言われた、両氏による傑作です。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
未鑑定
時代 時代
平成時代
刀剣種別 刀剣種別
太刀
刀工 刀工
吉原義人
尾川兼圀
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
-
(-)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
79
反り 反り
(cm)
2.8
  • 名家・著名人の日本刀
    名家・著名人と「太刀 銘 義人・兼圀合作」の関係についてご紹介します。

日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは日本刀(刀剣)写真の詳細情報ページです。
「太刀 銘 義人・兼圀合作」は明治時代以降(現代刀)に制作された日本刀(刀剣)です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い日本刀(刀剣)。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
日本刀(刀剣)の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る