• 特別保存刀剣
  • 室町時代

かたな めい がっさん

刀 銘 月山

刀 銘 月山

「刀 銘 月山」は、出羽国(現在の秋田県山形県)を拠点とした刀工「月山」(がっさん)により、室町時代に作刀された刀です。出羽国をはじめとする東北地方は、平安時代中期に栄華を誇った「平泉」によって、本刀を作刀した月山の他、「舞草鍛冶」(もくさかじ)や「玉造」(たまつくり)などの鍛冶集団が隆盛し、刀剣王国として繁栄。砂鉄などの素材にも恵まれ、優れた名刀が数多く作刀されました。

本刀の地肌(じはだ)には、月山刀特有の「綾杉肌」(あやすぎはだ)が鮮やかに現わされており、直刃(すぐは)と小互の目(こぐのめ)の刃文が焼かれた、重厚な印象の1振です。

また、華やかな「黒蝋色塗花鳥金蒔絵鞘 打刀拵」(くろろいろぬりかちょうきんまきえさや うちがたなこしらえ)が附属。目貫(めぬき)と縁頭(ふちがしら)は埋忠一門(うめただいちもん)の作と鑑せられており、繊細な「波桜透鍔」は特別保存刀装具に指定されています。

月山とは、鎌倉時代から室町時代にかけて活躍した刀工・及びその一派の名称です。月山派の作刀は、月山鍛冶の特色である綾杉肌の美しさと実用性の高さにより、多くの武将達に好まれました。出羽国の戦国武将最上義光」(もがみよしみつ)は、「織田信長」に、月山の手によるを献上したとされています。

名家・著名人の日本刀 名家・著名人の日本刀
名家・著名人と「刀 銘 月山」の関係についてご紹介します。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
特別保存刀剣
時代 時代
室町時代
(古刀)
刀剣種別 刀剣種別
打刀
刀工 刀工
月山
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
-
(出羽国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
68.8
反り 反り
(cm)
2

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは刀剣写真・日本刀画像の詳細情報ページです。
「刀 銘 月山」は室町時代に制作された刀剣・日本刀です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い刀剣・日本刀。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
刀剣・日本刀の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に刀剣・日本刀・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード