一覧に戻る
  • 重要美術品
  • 鎌倉時代

かたな むめい でんくにむね

刀 無銘 伝国宗

刀 無銘 伝国宗

本刀は、柳河藩(現在の福岡県柳川市)の立花家に伝来する1振です。大磨上げ無銘ですが、「本阿弥光温」による「備前国宗」の折紙が付属しています。
立花家の初代藩主は「立花宗茂」(たちばなむねしげ)。「豊臣秀吉」の九州征伐の際に武功を挙げた人物で柳河城主でしたが、「関ヶ原の戦い」で西軍に付いたことにより改易。しかし、その後、柳河藩藩主を務めていた田中家に世継がなく断絶したため、立花宗茂が1620年(元和6年)柳河藩藩主に返り咲き、以降は立花家が11代に渡って藩主を務め、廃藩となるまで繁栄しました。
本刀の特徴は、身幅が広く、鋒/切先(きっさき)がやや延びた堂々とした姿。地鉄は、板目肌地景が入り地沸(じにえ)や乱映りも立ち、刃文重花丁子蛙子(かわずこ)丁子が交じるなど華やか。特に刃中には国宗ならではの「備前三郎の白染み」が見てとれる逸品です。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
重要美術品
時代 時代
鎌倉時代
刀剣種別 刀剣種別
打刀
刀工 刀工
国宗
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
備前伝
(備前国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
柳河藩立花家 →
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
71.2
反り 反り
(cm)
2
  • 名家・著名人の日本刀
    名家・著名人と「刀 無銘 伝国宗」の関係についてご紹介します。

刀 無銘 伝国宗の動画

刀 無銘 伝国宗

日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは日本刀(刀剣)写真の詳細情報ページです。
「刀 無銘 伝国宗」は鎌倉時代に制作された日本刀(刀剣)です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い日本刀(刀剣)。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
日本刀(刀剣)の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る