一覧に戻る
  • 未鑑定
  • 昭和時代

かたな めい ほっけさぶろうのぶふさ

刀 銘 法華三郎信房

刀 銘 法華三郎信房

本刀の制作者、8代「法華三郎信房」(ほっけさぶろうのぶふさ)は、1909年(明治42年)5月15日生まれ。15歳から作刀の道に入り、7代・信房の作風である備前伝を継ぎました。
第二次世界大戦中は父と共に軍刀を作っていましたが、1955年(昭和30年)、文部省(現在の文部科学省)主催の作刀技術発表会に備前伝の作品を出展し入賞。
法華三郎信房はその後、大和伝保昌派」(ほしょうは)の復元を志します。保昌派の末流と目される初代「国包」(くにかね/くにかん)の門人であった先祖が大和伝を作風としていたことなどもあり、本格的に大和伝の再現に取り組んだ信房は、8年の歳月を費やして努力を重ね、復元に成功しました。
新作名刀展」において、備前伝・大和伝での入賞を繰り返し、1981年(昭和56年)、無鑑査に認定。また、仙台藩に伝わる国包の大和伝保昌派を継承していることが認められ、宮城県指定無形文化財となりました。2000年(平成12年)10月25日逝去。享年91歳。
本刀は、美しい柾目肌(まさめはだ)と直刃(すぐは)の大和伝保昌派を再現した、法華三郎信房会心の1振です。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
未鑑定
時代 時代
昭和時代
刀剣種別 刀剣種別
打刀
刀工 刀工
法華三郎信房
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
-
(宮城県)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
70.9
反り 反り
(cm)
2
  • 名家・著名人の日本刀
    名家・著名人と「刀 銘 法華三郎信房」の関係についてご紹介します。

日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは日本刀(刀剣)写真の詳細情報ページです。
「刀 銘 法華三郎信房」は明治時代以降(現代刀)に制作された日本刀(刀剣)です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い日本刀(刀剣)。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
日本刀(刀剣)の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る