一覧に戻る
  • 未鑑定
  • 江戸時代

なぎなた めい むねしげ

薙刀 銘 宗重

薙刀 銘 宗重

薙刀は、水戸徳川家に伝来した1振です。常州とは、常陸国(ひたちのくに:現在の茨城県北東部)のこと。水戸徳川家は、「徳川御三家」(他は紀伊徳川家、尾張徳川家)と言われ、徳川将軍家に次いで地位が高く、「天下の副将軍」と称されることもありました。
徳川家康」の11男、「徳川頼房」(とくがわよりふさ)が始祖で、小説・ドラマ等で世に有名な水戸黄門は、2代水戸光圀(みとみつくに)のことです。
本薙刀は、「宗重」(むねしげ)の作。「大坂新刀の横綱」と呼ばれた「津田助広」(つだすけひろ)の門人で、常陸守となった優秀な鍛冶です。附属するは、豪華絢爛な「金梨地」。徳川家の葵紋、赤銅魚子地金象嵌(しゃくどうななこじきんぞうがん)等の装飾が施され、見事です。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
未鑑定
時代 時代
江戸時代
刀剣種別 刀剣種別
薙刀
刀工 刀工
宗重
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
-
(摂津国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
水戸徳川家 →
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
45.8
反り 反り
(cm)
2.3
  • 名家・著名人の日本刀
    名家・著名人と「薙刀 銘 宗重」の関係についてご紹介します。

日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは日本刀(刀剣)写真の詳細情報ページです。
「薙刀 銘 宗重」は江戸時代に制作された日本刀(刀剣)です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い日本刀(刀剣)。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
日本刀(刀剣)の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る