一覧に戻る
  • 未鑑定
  • 江戸時代 初期

かたな めい ぜんじょうこうえいたんばのかみふじわらのてるかど
(のうしゅうせきにおいてくわしくろがねをもってこれをいる)

刀 銘 善定後裔丹波守藤原照門
(於濃州関以粹鉄治之)

刀 銘 善定後裔丹波守藤原照門(於濃州関以粹鉄治之)

照門」は美濃伝関七流(せきしちりゅう)の善定家(ぜんじょうけ)に属し、俗名を「善定惣右衛門」(ぜんじょうそうえもん)。初を「兼門」(かねかど)と切りました。
善定家の総領職であった「氏房」(うじふさ)が名古屋に移住すると、そのあとを継いで関鍛冶の頭領を務めます。
はじめ「丹波大掾」(たんばのだいじょう)を任官して、1659年(万治2年)に「丹波守」を受領すると同時に「照門」と改銘し、「丹波守藤原照門」などと鏨(たがね)を運んだ江戸時代の関を代表する優工です。高位の武士の需要に応じて本国濃州関の他、武州江戸、伊勢桑名で作刀したと言われています。
「丹波守藤原照門」の銘がある日本刀(刀剣)は、幕政時代の登城に用いた大刀(だいとう)と脇指が一揃いとなっている稀有な作品で、同工の遺作です。
大刀である本刀の銘文は「善定後裔」(ぜんじょうこうえい)と自らの出自を名乗り、最上の地鉄(じがね)「粋鉄」をもって鍛えられ、「於濃州関」(おいてのうしゅうせき)は本国関の地で作刀されたことを刻しており入念作であることを明示しています。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
未鑑定
時代 時代
江戸時代 初期
刀剣種別 刀剣種別
打刀
刀工 刀工
照門
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
美濃伝
(美濃国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
67.9
反り 反り
(cm)
1.8
  • 名家・著名人の日本刀
    名家・著名人と「刀 銘 善定後裔丹波守藤原照門(於濃州関以粹鉄治之)」の関係についてご紹介します。

日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは日本刀(刀剣)写真の詳細情報ページです。
「刀 銘 善定後裔丹波守藤原照門(於濃州関以粹鉄治之)」は江戸時代に制作された日本刀(刀剣)です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い日本刀(刀剣)。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
日本刀(刀剣)の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る