一覧に戻る
  • 重要刀剣
  • 江戸時代 前期

かたな めい はりまのかみかねたか

刀 銘 播磨守金高

刀 銘 播磨守金高

本刀は、越後長岡藩(現在の新潟県)の牧野家に伝来した1振です。
関ヶ原の戦い」以前より「徳川家康」に仕えた譜代大名・牧野家の藩風は、家訓の「常在戦場」(じょうざいせんじょう:常に戦場にいる心構えでことにあたれと言う心得)や、武士が行なってはならない規範を記した「侍の恥辱十七箇条」(さむらいのちじょくじゅうななかじょう)などを心掛けとして掲げ、質実剛健な武士の精神を藩是(はんぜ:藩の基本方針)としました。
また、明治はじめ、長岡藩の財政が困窮したときに、支藩の三根山藩(みねやまはん:現在の新潟県)から贈られた米百俵を教育費に充てたと言う「米百俵の精神」も、この藩風によって生まれ、長岡人の気風として受け継がれています。
本刀の身幅は広く、大鋒/切先(きっさき)の迫力ある豪壮な姿が特徴です。地鉄(じがね)は板目杢目(もくめ)、流れ肌が交じり、地沸(じにえ)厚くつき、地景が細かく入っています。刃文は、大湾れ(おおのたれ)に互の目(ぐのめ)を交え、湯走り、飛焼き、(よう)入り、匂口明るく、金筋砂流しがかかる華やかな出来栄え。
「播磨守金高」の渾身の傑作刀であり、当時の美濃物を代表する屈指の優品です。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
重要刀剣
時代 時代
江戸時代 前期
刀剣種別 刀剣種別
打刀
刀工 刀工
播磨守金高
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
美濃伝
(美濃国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
長岡藩牧野家 →
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
71
反り 反り
(cm)
2.2
  • 名家・著名人の日本刀
    名家・著名人と「刀 銘 播磨守金高」の関係についてご紹介します。

日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは日本刀(刀剣)写真の詳細情報ページです。
「刀 銘 播磨守金高」は江戸時代に制作された日本刀(刀剣)です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い日本刀(刀剣)。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
日本刀(刀剣)の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る