一覧に戻る
  • 未鑑定
  • 江戸時代

じゅうもんじやり めい かがのかみさだのり

十文字槍 銘 加賀守貞則

十文字槍 銘 加賀守貞則

を制作したと伝わる初代「貞則」(通称:「鈴木佐右衛門」[すずきさえもん])は、もともとは肥後国菊池(ひごのくに・きくち:現在の熊本県菊池市)の出身。のちに摂津国(せっつのくに:現在の大阪府北西部、及び兵庫県南東部)へ出て、「大坂新刀」の代表刀工である「井上真改」(いのうえしんかい)の門人となりました。
1674年(延宝2年)には、陸奥国・磐城平藩(むつのくに・いわきたいらはん:現在の福島県いわき市)の3代藩主「内藤義概」(ないとうよしむね)に、7人扶持20俵(年収としての扶持米が約55俵)で召し抱えられ、「磐城平城」(いわきたいらじょう)城下の下久保町(しもくぼちょう)に屋敷を賜り、作刀活動を行なったのです。
本槍の姿は、「穂」(ほ:槍の刃の部分)の左右に十字架状の枝刃が設けられた、いわゆる「十文字槍」(じゅうもんじやり)。刃文直刃(すぐは)調に小互の目(ぐのめ)がところどころに連なり、小(こにえ)が微塵につき、鍛えは、板目肌が流れて柾目(まさめ)となる地鉄(じがね)になっています。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
未鑑定
時代 時代
江戸時代
刀剣種別 刀剣種別
刀工 刀工
貞則
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
-
(摂津国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
18.6
反り 反り
(cm)
0
  • 名家・著名人の日本刀
    名家・著名人と「十文字槍 銘 加賀守貞則」の関係についてご紹介します。

日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは日本刀(刀剣)写真の詳細情報ページです。
「十文字槍 銘 加賀守貞則」は江戸時代に制作された日本刀(刀剣)です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い日本刀(刀剣)。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
日本刀(刀剣)の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る