一覧に戻る
  • 未鑑定
  • 昭和時代

かたな めい りゅうせんさだつぐつつしんでこれをきたえる

刀 銘 龍泉貞次謹鍛之(花押)
昭和三十五年五月吉日 皇孫殿下御守刀以余鉄

刀 銘 龍泉貞次謹鍛之(花押) 昭和三十五年五月吉日 皇孫殿下御守刀以余鉄
刀工の龍泉貞次は明治35年、愛媛県に生まれました。月山貞一・貞勝の門人です。大正年間より古刀を研究し、五箇伝に精通していました。 昭和13年(1938年)、第一回刀剣展にて内閣総理大臣賞を受賞。戦後は皇室関連の作刀を多数行ないました。伊勢神宮式年遷宮の御宝御神刀も作刀しており、昭和30年(1955年)、これらの活動と成果が評価され、重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定。刀匠としては初の人間国宝になります。 昭和34年(1959年)、明仁天皇ご成婚に際して美智子皇太子妃(当時)の守り刀をはじめ、昭和40年(1965年)の礼宮文仁親王に至るまで、美智子皇太子妃所生の皇男子の守り刀を鍛え続けました。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
未鑑定
時代 時代
昭和時代
刀剣種別 刀剣種別
打刀
刀工 刀工
高橋貞次
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
-
(愛媛県)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
69.6
反り 反り
(cm)
2.7
  • 名家・著名人の日本刀
    名家・著名人と「刀 銘 龍泉貞次謹鍛之(花押) 昭和三十五年五月吉日 皇孫殿下御守刀以余鉄」の関係についてご紹介します。

日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは日本刀(刀剣)写真の詳細情報ページです。
「刀 銘 龍泉貞次謹鍛之(花押) 昭和三十五年五月吉日 皇孫殿下御守刀以余鉄」は明治時代以降(現代刀)に制作された日本刀(刀剣)です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い日本刀(刀剣)。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
日本刀(刀剣)の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る