一覧に戻る
  • 重要美術品
  • 南北朝時代

かたな むめい でんかねみつ ほんだへいはちろうただためしょじこれ

刀 無銘 伝兼光(金象嵌)本多平八郎忠為所持之

刀 無銘 伝兼光(金象嵌)本多平八郎忠為所持之

刀工の「兼光」とは、「備前長船兼光」(びぜんおさふねかねみつ)のこと。兼光は4名存在しましたが、延文年間(1356~1360年)に活躍した兼光は、2代兼光、延文兼光と言われ、刀剣史上12名しか存在しない最上大業物古刀最上作の作者として有名です。
本刀は、「本阿弥光忠」(ほんあみこうちゅう)が兼光作と極め、「本多平八郎忠為所持」と金象嵌を切った日本刀(刀剣)。本多平八郎忠為は、徳川家に仕え「徳川四天王」のひとりと称された、本多平八郎忠勝(ほんだへいはちろうただかつ)の孫。「大坂夏の陣」や「道明寺の戦い」で武勲を挙げ、2代将軍「徳川秀忠」の娘で、「豊臣秀頼」の妻だった「千姫」を娶った人物です。
本刀は、大磨上身幅が広く、大鋒/切先(きっさき)の豪壮な姿。鍛えは小板目がよく詰み地沸(じにえ)が細かくつき、乱れ映りも鮮やか。刃文出来で小がつき、小互の目(こぐのめ)乱れに刃交じり、逆足(さかあし)や小(こあし)が入るなど、見どころが多く見事です。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
重要美術品
時代 時代
南北朝時代
刀剣種別 刀剣種別
打刀
刀工 刀工
兼光
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
備前伝
(備前国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
本多忠刻(忠為) →
刀剣ワールド財団
[東建コーポレーション]
長さ 長さ
(cm)
71.5
反り 反り
(cm)
1.8
  • 名家・著名人の日本刀
    名家・著名人と「刀 無銘 伝兼光(金象嵌)本多平八郎忠為所持之」の関係についてご紹介します。

日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは日本刀(刀剣)写真の詳細情報ページです。
「刀 無銘 伝兼光(金象嵌)本多平八郎忠為所持之」は南北朝時代に制作された日本刀(刀剣)です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い日本刀(刀剣)。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
日本刀(刀剣)の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る