一覧に戻る
  • 未鑑定
  • 明治時代

かたな めい へんみちくかんさいみなもとよしたか きりものどうさく

刀 銘 逸見竹貫齋源義隆 切物同作

刀 銘 逸見竹貫齋源義隆 切物同作

「逸見義隆」は1846年(弘化3年)10月18日、「逸見藤五郎」(へんみとうごろう)の次男として誕生。俗名を「大吉」と言います。1862年(文久2年)17歳のときに上京して刀匠「天竜子正隆」(てんりゅうしまさたか)に師事。鍛刀を修業すること3年、1864年(元治元年)には岡山に帰郷し、備前池田藩(現在の岡山県)家老「伊木長門守忠澄」(いぎながとのかみただすみ)の知遇を得て、下之町屋敷裏手に鍛冶場を造り鍛刀に精進する傍ら彫刻の技術を同郷の名匠「正阿弥勝義」(しょうあみかつよし)に学びました。

兄の「安吉」、子の「藤吉」も勝義に師事して彫刻技工家としての礎を築いています。鍛刀は1871年(明治4年)9月の廃刀令の余波で次第に減少したものの、生来の芸術性に任せて堆朱彫刻(ついしゅちょうこく:朱色の漆塗りの表面に文様を彫った物)などの芸術作品を遺しました。

逸見義隆の代表作としては倉敷市羽黒神社に御神宝として現存する大太刀があります。表には玉追龍、裏にあるのは「禍事者追伏阪之御尾亦追揆河瀬」の篆書彫刻(てんしょちょうこく:篆書は中国の古代文字)です。

龍の目玉に金象眼を施すのは「竹貫齋源義隆」の特徴。

1885年(明治18年)、明治天皇岡山行幸の際、梅龍彫刻の日本刀(刀剣)を献上。また1915年(大正4年)に大正天皇の御即位を祝って作刀した折には、兄の安吉が梅と龍乗観音の彫刻を施した合作刀を献上しました。

備前伝の手法を良くこなし、小(こにえ)本位の山城伝直刃(すぐは)相州伝の大互の目(おおぐのめ)乱れなど、その作域は広く好事家の間では同時代の「月山貞一」(がっさんさだかず)より上手との評判さえあります。鍛刀は1871年(明治4年)9月の廃刀令で1870年(明治3年)を最期に鍛刀を断念しているようで、本刀は、逸見義隆が制作した日本刀(刀剣)の作品として現存する稀有な1振です。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
未鑑定
時代 時代
明治時代
刀剣種別 刀剣種別
打刀
刀工 刀工
逸見義隆
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
-
(岡山県)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
70.8
反り 反り
(cm)
1.7
  • 名家・著名人の日本刀
    名家・著名人と「刀 銘 逸見竹貫齋源義隆 切物同作」の関係についてご紹介します。

日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは日本刀(刀剣)写真の詳細情報ページです。
「刀 銘 逸見竹貫齋源義隆 切物同作」は明治時代以降(現代刀)に制作された日本刀(刀剣)です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い日本刀(刀剣)。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
日本刀(刀剣)の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る