一覧に戻る
  • 特別保存刀剣
  • 江戸時代

かたな めい いずもだいじょうふじわらよしたけ

刀 銘 出雲大掾藤原吉武

刀 銘 出雲大掾藤原吉武

刀工の「藤原吉武」は堀川一派(創設者の堀川は、数多くの名刀を遺す安土桃山時代の名刀匠)「三条吉則」の後裔「堀川国武」の子です。藤原吉武を名乗る刀工は複数いますが、本刀の制作者は初代の吉武。初代吉武は山城の刀工でしたが江戸へ移り住んだのち、出雲大掾(いずもだいじょう)を受領し、晩年は出雲守を受領。吉武の作風には堀川一派の流れが見られる一方で、江戸法城寺派に見るような直刃(すぐは)も多く、法城寺派である「法城寺正照」との合作刀も存在することから、法城寺一派とは友好関係であったことが窺えます。
本刀は、代々幕府要職を務めてきた上級旗本「長谷川重章」の依頼で作刀した1振です。長谷川氏はのちに足利義教の臣下「土生氏」へ本刀を譲ったため、(なかご)には「土生氏求之」の一文が新たに加えられました。
非常にできが良いとされる本刀の地肌は、柾(まさ)ごころで美しい肌合い、刃縁(はぶち)の見事な金筋には金線が走り、小乱れを交えた二重刃ごころ。焼き上げられた刃文は実に美しく、よく切れることで有名な吉武の名刀の中でも、まさに至宝の1振となっています。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
特別保存刀剣
時代 時代
江戸時代
刀剣種別 刀剣種別
打刀
刀工 刀工
藤原吉武
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
-
(武蔵国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
69.4
反り 反り
(cm)
1.6
  • 名家・著名人の日本刀
    名家・著名人と「刀 銘 出雲大掾藤原吉武」の関係についてご紹介します。

日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは日本刀(刀剣)写真の詳細情報ページです。
「刀 銘 出雲大掾藤原吉武」は江戸時代に制作された日本刀(刀剣)です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い日本刀(刀剣)。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
日本刀(刀剣)の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る